ベジタリアンは実はダイエット、アンチエイジングに良くない


今回のテーマは、

ベジタリアンは実はダイエット、
アンチエイジングに良くない

について紹介します。

「ベジタリアンの菜食主義の道こそ
ダイエットとアンチエイジングを
強力にサポートしてくれる道である!」

そう信じて疑わない人が
世間にはたくさんいるのですが、

ベジタリアンは実はダイエット、
アンチエイジングに向かないのです。

特に今まで肉食や乳製品を
食べ続けていた人が

急にやめて菜食主義にするなど
極端な事をすると、

体内の細胞レベルで
不健康になっていく恐れもあるので
注意が必要です。

健康・美容・長寿にとって
良くない事です。

植物性食品だけでは
どうしても不足してしまう
栄養素がたくさんあります。

勘違いしてほしくないのは、

もちろん、
野菜や果物を食卓に増やす事は
素晴らしい事です。

ダイエットにもアンチエイジングにも
もちろん有益です。

時々ローフードをしたり
プチ断食をして、

胃腸を休めるのはいい事です。

しかし、健康レベルを考えた場合
ベジタリアンにまでなる必要は
ないと言うのが私の意見です。

スポンサーリンク

動物性タンパク質をなくすデメリット

私はよく

アンチエイジングやダイエット、

健康の事などを
指導させていただく事が多いのですが、

そんなときは、

「動物性のタンパク質や脂肪は
私たちの体を作り生きていく上で
とっても重要な役割を果たしています。

もしこの摂取バランスがくずれちゃうと、
老化が促進されて、体内トラブルが増えます。

植物性だけに目を向けていると
みるみる歳を取ってしまいますよ!」

とやんわりベジタリアン信仰を
脅す事があるのですが、

マクロビオティックや
ヴェーガンなど

以前ではアメリカでしか
実践している人はいなかったものも、

最近では日本でも増えてきており、

友人のススメや家族の影響で
無理して始めようとする人も出てきました。

しかし、、

動物性タンパク質をなくす事には
多くのデメリットがあるのです。

タンパク質を減らす事は
良くない事なのです。

でもそんな時に、

「でも、ベジタリアンの人は
植物性のものだけ食べて美しく健康で
長生きで居るじゃないですか!」

という反論をもらう事があります。

ベジタリアン=美容、健康と言う思い込み

たしかに「ベジタリアン」
という言葉を聞くと

植物性のものしか食べない
「菜食主義」と思いこみ
そんな反論が出ると思うのですが、

たしかにジュリア・ロバーツさんとか

多くのハリウッド女優が
ベジタリアンである事を公表して

その美貌を世間にふりまいているので

菜食=永遠の美しさ

という公式を思い込んでしまう
のかもしれません。

アメリカでは、宗教上や健康志向など
色々な理由でベジタリアンが多く

普通のレストランでもメニューには
「ベジタリアン」メニューが存在します。

海外ではファーストフードですら
動物性食品を一切使わない
ベジタリアンメニューが存在します。

こうした思想が表面上伝わり、

健康美調の為の
ベジタリアン化する人も
たまに見かけます。

しかしタンパク質の摂取と言う
知識がないまま、

ベジタリアンになってしまうと
急激に老化が進んでしまったりします。

ベジタリアン4つの種類

でも、本来のベジタリアンの定義は

菜食中心であっても
「卵と乳製品は食べる食べないを問わない」
事になっていて、

実は動物性食品を完全排除している
人って本当は少ないんですね。

一言で「ベジタリアン」と言ってもその
バリエーションは多く、

大きく4タイプに分かれます。

1.ビーガン・タイプ

植物性食しか食べない純粋菜食主義者

2.ラクトベジタリアン・タイプ

植物性食+乳製品を食べる

3.ラクト・オボベジタリアン・タイプ

植物性食+乳製品+卵を食べる

4.セミベジタリアン・タイプ

赤身肉は食べないが、植物性食+
チキン、魚介類、乳製品、卵を食べる

・・・

で、一番目のビーガンタイプは
健康志向というよりも

動物愛護とか、地球環境、飢餓の救済などの
思いから動物性食品を食べないだけでなく

動物由来のものを一切身にもつけません。

でも、こういった純粋な菜食主義者は
アメリカにも多くはありません。

ベジタリアンとアンチエイジングの関係

逆に、現在のアメリカの100歳以上の
人口は、日本人の3倍以上います。

しかもその多くが
介護を必要としない自立した老人であり、

このように長生きしている人の中には
純粋なベジタリアンは一人もいない
と言われています。

高齢化社会が訪れる日本で
アンチエイジングがこれから
ますます注目されるでしょう。

そんな中で、

低脂肪で、コレステロールは
一切摂らない

動物性食の良質たんぱく質を
欠如させた食生活では

どう考えても長生きできるとは考えにくいです。。。

健康的なダイエットはできないのです。

もちろん、
野菜の健康のメリットを
否定しているのではありません。

野菜や果物は身体に良いものですが、

それだけは良くないのです。

しかし細胞レベルから活気をもつ
真のアンチエイジングにとって

ベジタリアンは決定的に不足してしまう
ある要素を見落としているのです。。

さらに、次回多くの菜食主義者が崇拝する

とある食品について

ちょっと苦言を呈していきたいと考えているので
次回もしっかりと聞いて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。