粗食や一汁一菜ダイエットは本当に健康、美容、長寿に効果ある?


今回のテーマは、

粗食や一汁一菜ダイエットは
本当に健康、美容、長寿に効果ある?

について紹介します。

巷では良く、

「粗食が一番」

とか、

「一汁一菜が長生きの秘訣」

などと言われます。

私の周りでも粗食こそが
健康と美容の唯一無二と信じる
人が多いです。

しかしこれら粗食ダイエットや
一汁一菜ダイエットは本当に
健康的に痩せる事ができるのでしょうか?

…私は多いに疑問に感じます。

食べない事で、食事の量を減らせば
一時的に体重が減るのは間違いありません。

とはいえ長期的に見れば、
必要な栄養素が不足して、

身体の中から老化が始まり、
ダイエットよりもむしろ不健康になり、

リバウンドして太ったり、
急激に老け込んでしまう場合もあるのです。

ここでもう一度
粗食ダイエットや一汁一菜ダイエットブームの
効果や裏側を見ていく事にしましょう。

スポンサーリンク

粗食ブームの裏側

食事量も

「腹8分目でなく、腹6分から7分で十分」

と指導する健康法も多いですね。

粗食のススメであったり、

一汁一菜と言う日本古来の食事法が見直され、

一汁一菜とは
主食(白米や玄米や雑穀米)に、
汁もの(味噌汁 等)一品と、

菜(おかず、惣菜)一品を添えた
食事・献立のことを指しますが、

この粗食ブームは20代、30代の若者にも
支持されているようです。

でも、よく振りかえるとこの事は
だいぶ前から言われ続けています。

私の知る限り25年くらい前から

「和食を見直そう」

という声が良く挙がっていて、

粗食、小食が健康の基本と

当時の人たちもカロリーカットのために
動物食を排除し、野菜と大豆を食べ、

玄米に切り替えるというような
事をやっていました。

確かにカロリー制限には
若返りに効果があったり、

ヘルシーな和食のメリットはあります。

が、間違った少々を続ければ
健康には被害を及ぼす可能性もあります。

粗食ダイエットや一汁一菜ダイエットでスリムになる?

粗食ダイエットや一汁一菜ダイエットを
信奉し、真剣に取り組む

…にもかかわらず、そのような食事を実行し

本当に健康的に美しく
ナイスボディになったような人を
私は見た事がありません。

カロリーをなにも考えず減らせば、
体重だけは減らす効果があります。

しかし健康、美容、長寿に必要な
栄養素が欠乏する可能性が高いです。

逆にもしろ、栄養不足から顔が黒ずみ、
肌はガサガサ、体調も最悪…

息をするだけでも疲れる…
位に生きているのを放棄しようと
しているような人も何百人と見てきました。

確かに一汁一菜ダイエットは
生活習慣病など病気の治癒には
効果を発揮するかもしれません。

内蔵の負担をしばらく休ませ、
自然治癒力を高める上で、

粗食は効果的かもしれませんが、

日常的な食生活で粗食をしてしまうと、

栄養分、特に良質なタンパク質を
摂取する事が出来なくなり、

身体の内部は細胞レベルで
疲弊してしまうのです。

これはベジタリアンも同じように陥る罠です。

特にタンパク質の欠乏に置ける
問題が多く出ます。

粗食は現代に向かない

「昔の日本人の多くは一汁一菜
で健康で長寿になったのですよ。

昔のお坊さんなどは粗食を守り
病気にかかりにくい体を作ったのです。」

と反論する人もいるかもしれませんが、

こういう人に限って非常に真面目で
何か取りつかれたように「玄米・小食」
指導者に教えられた事を忠実に守り

知人や家族の忠告を聞かないで
実践してしまうのです。

現代と昔では、
食材そのものに含まれる栄養素も違いますし、

ストレスや毒素の影響など
状況はまるで違うのです。

普段食べたいものを我慢すれば
ストレスもかかりますし、

現代人がただ粗食をすれば
ビタミン、ミネラルも圧倒的に
不足したりします。

この飽食の時代に栄養失調で
自らの命を縮めるのは痛ましい事です。

でもそんな陰で、

実はその指導した張本人は
「真面目にやっても馬鹿を見る」とばかりに

自分は好きなものを食べて飲んでいたりするのです。

本当に、信じるものが馬鹿を見る…

悲しい事です。

次回もさらにベジタリアン、野菜中心信者が
陥る罠について詳しく説明していくので
心当たりのある人はしっかりと聞くようにして下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。