不健康、老化、肥満の問題は本当に食生活が欧米化されたから?


今回のテーマは、

不健康、老化、肥満の問題は
本当に食生活が欧米化されたから?

について紹介します。

前回紹介したように、

統計を見れば、長寿世界一
である日本の健康意識は、

よく見てみるとそれほど
高くないのではないかと言う
疑問も浮かんできます。

現代人が、不健康化していき
肥満化、老化が進んでしまっている
という話はよく聞きますが、

「その老化の問題は食生活が
欧米化されたからだ!!」

とよく言われます。

そして真っ先にやり玉に挙げられるのが

動物性食品の取り過ぎ…

テレビなどの情報番組では、

毎日のように脂肪やコレステロールが
悪の根源のように扱っており、

もし健康で若々しく生きたいなら、

肉や卵、乳製品は減らし、
玄米食、菜食中心の粗食が基本

であるかのように番組で言っています。

しかしこれは果たして本当でしょうか?

スポンサーリンク

エセ健康オタクが陥る罠

健康のために
粗食や一汁一菜と言う方法は
ある種のブームにもなっています。

で、、、

それを本当に律儀に実践したならば
私たちは健康で若返れるのか…

と思いきや、現実的には動物性食品の不足は
特に良質のたんぱく質不足になり

不健康でシワシワの体へまっしぐらです。

にもかかわらず、間違った知識に洗脳された
『エセ健康オタク』が急激に増えているのです。

確かに伝統的な日本食は
素晴らしい食文化です。

健康へのメリットがたくさんあります。

しかし細胞レベルから
真のアンチエイジングや健康を目指す上で、

良質のタンパク質と言うのは
欠かせないものです。

そして残念ながら、巷にあふれる
粗食ブームに乗ると、

これは絶対的に足りません。

それなら皆が敵視する
欧米化された食事の方がマシなのです。

そば=健康信仰の問題点

欧米化した食文化が素晴らしく
最高という訳ではありません。

でも、バランスを欠いた
食生活では、

不健康、老化、肥満の問題は
ますます進んでしまいます。

私が健康問題でよくコンサルしたり
相談に乗るときに、

特に男性の方が多いのですが、

自慢げに

「健康のために昼はざるそばだけにしてるんです!」

などと報告してくれます。

あまりプライドを傷つけてしまうのもどうかと思うので
私は「そうですか…」と曖昧に微笑むのですが、

日本人男性のそば=健康信仰はかなりのものです。

昼時にお蕎麦屋さんに入ると
ちょっとおなかの出た中年男性や、
ダイエット志向の女性がいっぱいいます。

時間もかからず、すぐにずるずると胃に流し込めて
値段もお手軽、しかも低カロリーで健康的、、

とくれば人気が出るのも当然と思います。

でも、これって本当に健康的でしょうか?

おそばだけでタンパク質が取れるの?

確かに日本そばというのは他の麺類に比べると
優れているのは間違いないと思います。

セレニウムというミネラルが多くて、
ご飯やうどんのように急激に血糖値を上げる事もないので
主食としては適していると言えそうです。

でも、そばだけでは糖質だけしか満足に確保はできません。

主食にはタンパク質という相棒が必要不可欠なんです。

そばを健康的だと勘違いしている人は

和食=ヘルシー

信じ込んでいて、肉を悪者扱いし
動物食を避けている人が多いです。

でも、そういう
「普段の食事に気を付けています」という人に限って、

実は無駄な食事制限をしており、
逆に健康レベルを下げて老けこましてしまうような
食べ方をしてる人が多いんです。

元気の出る食事法とは?

決してここで「そば」を
否定している訳ではありません。

ただそばだけでは圧倒的に不足するのが
美容、健康、長寿の秘訣となる
タンパク質なのです。

欧米化された食生活が問題で
和食だけが素晴らしいのではなく、

ようは栄養のバランスなのです。

本人は好きなものを控えて、
体にいい事をやっているつもりでも

それはあくまで「つもり」

そんな食事では、気(やる気、元気、気力等)が抜けてしまい、

体はどんどん悪い方に進み寿命も縮んでしまいかねません。

なので、このウェブサイトでは

「つもり」から脱却して

本当の意味での健康体や若々しい身体
を手に入れるための情報を発信していくので

不健康、老化、肥満の問題を全て解決し、
健康、美容、長寿を実現するため、

しっかりと読んでしっかりと実践していって下さい。

それではまた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。