睡眠環境、不眠度や眠りのパターンを把握するチェックリスト

睡眠環境、不眠度や眠りのパターンを把握するチェックリスト
今回のテーマは、

睡眠環境、不眠度や眠りのパターンを
把握するチェックリスト

について紹介します。

一口で眠れないと言っても

寝付けない、
途中で目が覚めてしまう、
眠りが浅い、

などその形は人それぞれです。

また睡眠そのものの問題に加えて

お酒を飲んで寝る、
電気を点けっぱなしにする
パートナーのいびきがうるさい

など睡眠の環境に関わる問題もあります。

心理学の世界では

現状を変えたければまず現状を把握しろ

と言います。

睡眠の質を変えるにも、

まずは自分自身の睡眠の
パターンを把握する事は
非常に大切です。

これまでの復習の意味も含め、

ここでは、これらを踏まえ

あなたが適切な睡眠を取れているかを
以下のチェックリストに従い
まずはチェックしてみましょう。

まず眠りそのものについてです。

スポンサーリンク

不眠度や眠りのパターンのチェックリスト

「あなたの不眠のパターンは?」

●なかなか寝付く事が出来ない

●途中で目が覚めるが、
すぐに眠ることができる

●途中で目が覚め
その後も眠れない

●眠りが浅い

●現実感のある嫌な夢を良く見る

●追いかけている嫌な夢を良く見る

●朝早く目が覚めてしまう

●朝すっきり起きる事が出来ない

三つ以上チェックのある人は、
睡眠そのものに何らかの問題があります。

不眠度や眠りのパターンを
このチェックリストで把握してください。

そしてこのサイトを何度も読み返し

ひとつずつテクニックを実践し、

ぜひ、睡眠のスキルを身につけ
しっかり睡眠術をマスターして下さい。

睡眠環境を把握するチェックリスト

次に、あなたの不眠に影響を
及ぼしているかもしれない
睡眠環境についてチェックしてみましょう。

「あなたの睡眠環境は?」

●寝る前に読書をする

●音楽を聴きなが寝る

●明かりを点けっぱなしで寝る

●家の外で騒音に悩まされている

●一緒に寝ている人の
いびきや体動に悩まされている

●寝る前に飲酒する

●寝る前に一時間以内に入浴をする

●寝る前に二時間以内に運動をしている

●寝る前の三時間以内に食事や間食をする

●帰宅して寝るまでが二時間以内

●寝具が硬すぎたり柔らかすぎたりして
一定の姿勢を続けていると身体が痛くなる

●部屋が暑すぎたり、冷えすぎたりしていると感じる

いくつ当てはまっていたでしょうか?

正直に答えてみてください。

睡眠環境をひとつずつ改善しよう

この中から一つでもチェックのある人は、

その項目を改善するようにして
理想的な睡眠環境に近づけるようにしましょう。

とくに環境は変えやすいものです。

ひとつずつ改善して行くうちに
睡眠の質も向上します。

睡眠の問題をある程度把握できたら、

今度はさらにそれを詳しく見るために
睡眠日誌をつけてみましょう。

睡眠日誌は、帰宅、食事や入浴、
就寝や入眠、起床の時間を記録していくことで、

普段の自分がどのような
睡眠パターンを取っているかを
より詳しく知るのに有効な方法です。

色々と細かく記入しておくと、
睡眠を妨げている要因を
浮き彫りにすることができます。

自分の睡眠のありようを把握し、
睡眠のテクニックを適応させ、

また不眠に影響を及ぼしている
要因が見つかれば、

それを取り除いていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。