睡眠薬よりも漢方薬で不眠、睡眠不足を改善しぐっすり眠る


今回のテーマは、

睡眠薬よりも漢方薬で不眠、
睡眠不足を改善しぐっすり眠る

について紹介します。

このサイトでは身体の不調は
副作用のある西洋医学の薬剤を
できるだけ使わない、

自然療法のナチュラルな
アプローチを推薦しています。

漢方薬と言うのは、
西洋の薬と違って、

脳に対して直接的な
催眠作用がある訳ではありません。

不眠の治療に漢方薬を使う場合も、

寝る前ではなく、
食前に服用するのが良いのですが、

催眠作用がある訳ではないので、
昼間に眠くなるわけではありません。

スポンサーリンク

漢方薬で不眠、睡眠不足を改善

よく考えれば不思議ですが、

ではなぜ漢方薬はなぜ効くのでしょうか?

もちろん、植物に含まれる
薬効や微量栄養素の効果はあるでしょう。

しかし最も大きいのは、

前回紹介したように
気の流れを正常化するからなのです。

気の流れを正常化して不眠を改善する
という事には大変なメリットがあります。

当然副作用はありませんし、
健康レベルもトータルで上げてくれます。

それは、睡眠不足、不眠以外の症状、

例えば、

倦怠感や頭痛、肩こり、めまいなど
気のめぐりの問題から生じている
全ての症状を

一つの漢方でだいたい改善させる
事が出来るという事です。

色々な症状があっても、
たったひとつの漢方薬で済むのです。

睡眠薬よりも漢方薬がお勧め

西洋医学であれば、

不眠なら睡眠薬、
頭痛であれば頭痛薬

など訴える症状の数だけ
薬が増えていくばかりです。

そして西洋医学の薬剤は
症状を抑えるだけで

治癒力を上げるものではありません。

特に睡眠が阻害される要因は
人によって様々ですから、

間違った薬を飲んで弊害を起こすよりも、

体全体にアプローチする方法の方が、

安心ですし、効果も高いです。

不眠によく使われる漢方薬は

酸棗仁湯(さんそうにんとう)
加味帰脾湯(かみきひとう)
帰脾湯(きひとう)
加味逍遥酸(かみしょうようさん)

などです。

これらは、病院にかからなくても
薬局でも売られているので

何か一つから出OKですから
睡眠の質を上げるために
試してみると良いでしょう。

薬草の力でぐっすり眠る方法

大きく言えば、薬草学として

西洋のハーブの世界や
インドのアーユルヴェーダでも

似たような植物の力を
使った自然療法の知恵なのですが、

その思想は厳密に言えば
やはり違うものがあり、

それぞれメリット、デメリットがあります。

こうした話もこのサイトで
詳しく紹介して行くつもりですが、

今回は、不眠、睡眠不足を改善する
為の漢方薬を紹介しています。

日本でも漢方専門の薬局は
たくさんあるので、相談をしましょう。

病院でも漢方は処方してくれるので
睡眠薬の副作用が怖い人は

漢方の相談ができる
先生を捜しましょう。

その際、漢方に即効性はないので、

一日二日で効かないからと
あきらめるのでなく、

最低でも一カ月、
できれば三カ月くらいは

一つの漢方を飲み続けてみてください。

飲み続けなければ
効果は表れないでしょう。

それでも効かない場合は
別の漢方薬にします。

ぐっすり眠るための
あなたなりのものを見つけましょう。

ただ、漢方の正確な診断は
証と言うものでなされていて

これは専門的な知識と
十分何経験を積まないと
正確には分かるものではありません。

なので本格的に不眠の治療を
漢方で行いたければ

漢方医学に詳しい専門家に
見てもらって下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。