スイーツやお菓子など甘いものは睡眠不足、不眠をもたらす

スイーツやお菓子など甘いものは睡眠不足、不眠をもたらす
今回のテーマは、

スイーツやお菓子など甘いもの
は睡眠不足、不眠をもたらす

について紹介します。

食べ物が睡眠に及ぼす影響は
大きいのですが、

その詳しいテクニックは以前紹介した、

睡眠ダイエットのテーマも
ぜひ参考にして欲しいのですが、

睡眠に害を及ぼす要因として、
これだけは覚えて欲しいのですが、

スイーツやお菓子など、

つまり甘い物の食べ過ぎは
不眠をもたらします。

特に眠る前のスイーツなど
甘いものを食べるのは、

質の良い睡眠にとってよくありません。

しかし、、皮肉な事に、

食欲と睡眠は関係があり、

夜中になるとお腹が空いていないのに
スイーツやお菓子をなどを
食べたくなってしまったり、

お腹が好き過ぎて眠れないと言う
経験があるかもしれません。

この夜中の食事と睡眠は
どのような仕組みになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

スイーツと血糖値と不眠の関係

甘いものをとると不眠の
リスクが上がる理由として、

体内ホルモンが深く関わっています。

ケーキや和菓子など、
甘いものを食べると

血液中の血糖値が急激に上昇します。

血糖値の上昇は
身体の負担になりますので、

これを下げようとしてすい臓から
インスリンと言うホルモンが分泌されます。

インスリンはかなり重要なホルモンで、
この機能が障害されたのが糖尿病です。

インスリンが分泌され、
血糖値が下がる方向に向かうと

今度は下がり過ぎに備えて、
糖を新たに作る作用にある

アドレナリン

と言うホルモンの分泌が刺激されます。

下がり過ぎて、もし低血糖になると
意識障害が起きて命にかかわる
事にもなりかねないのです。

アドレナリンは
血糖を上げるとともに、

脳を興奮させる
神経伝達物質でもあります。

寝る前にこれが分泌されると、

目が冴えてしまい、気分が高揚し、
眠れなくなってしまいます。

さらに、夜遅くに
甘いものを食べるという事が
習慣化してしまうと

インスリンの制御に狂いが生じます。

過剰分泌となり、
慢性的な低血糖状態になります。

するとアドレナリンの分泌も盛んになり、
脳は常に覚せいの方向に傾きます。

その結果が睡眠不足、不眠です。

甘いものを食べると成長ホルモンが減る

またオレキシンという
睡眠と食欲に深い関係がある
ホルモンがあるのですが、

夜中になると妙に小腹が好き、
甘いものや歯ごたえのあるものが
食べたくなるのですが、

オレキシンと、胃に最も多く
食欲亢進作用がある

グレリンと言うホルモン
成長ホルモンも関係しています。

成長ホルモンとグレリンの関係を
ここで解説します。

成長ホルモンと言うのは、

身体の回復やお肌のコンディションを整える
重要なホルモンと言う認識はあるでしょう

成長ホルモンの分泌は
睡眠の深さによって決まるのですが、

睡眠の深さは深部体温の
勾配の強さで決まります。

なので眠る前の深部体温が
急勾配で低下すれば、

成長ホルモンがたっぷり分泌され

身体の回復や肌の調子に良いと言う事です。

そして成長ホルモンが分泌される
ピークは眠り始めの3時間です。

睡眠不足、不眠のない質のいい睡眠
健康、美容、長寿のために

眠り始めには、しっかりと
深部体温を低下させて、

成長ホルモンを増やしたい所です。

所が、眠る前にお腹がすいてしまい、
甘いものお菓子やスイーツなどを食べてしまうと

成長ホルモンの分泌が減ってしまうのです。

なぜ寝る前にお腹がすくのか?

また夜中になると脳の活動は
低下していきます。

すると実際にはお腹が空いていないのに、
脳が勝手にエネルギー不足だと判断し、

エネルギーを補充させようとして
食欲亢進作用のある

グレリンと言うホルモンを分泌させます。

ここで私たちは

「小腹が好いた」「なんか口寂しい」

と感じるのです。

このグレリンには成長ホルモンを
増やす作用があります。

これは食事で栄養を補給したら、

その栄養で身体を回復させると言う
連動した仕組みがあるからだと考えられています。

ここで何も食べずに眠ってしまえば、
眠り始めにしっかり成長ホルモンが出るのですが、

お菓子や甘いものを食べてしまうと
グレリンが減ってしまうので、

成長ホルモンの分泌も
下がってしまうのです。

さらに食べ物が内臓に入ってくると

内臓が活動をして温度を上げ
深部体温が下がりにくくなり、

最初の睡眠が浅くなり、

徐々に睡眠不足、不眠の
サイクルに入ってしまうのです。

不眠を解消する寝る前の食事のルール

なのでこの睡眠不足、不眠を解消する為に
ルールとして持って欲しいのが、

普段の食事、
特に夕食の配慮が必要です。

特に重要なのが

炭水化物の

単純糖質を減らし
複合糖質を増やす事です。

例えば、具体的には

白米よりも玄米、
菓子パンよりも胚芽パン、
砂糖でなくハチミツ

と言ったシフトが必要です。

空腹しに甘いお菓子で紛らわそうと
少しつまんだものの、

しばらくすると強烈に
お腹がすいてしまい、

結局ちょこちょこ食べ続けて
太ってしまうという経験があると思います。

これも、精製した穀物や砂糖だから
起こる事です。

精製した穀物や砂糖により
急上昇した血糖値を抑えようと
インスリンが大量に分泌され

体脂肪を蓄え、メタボな身体を作ります。

こういった事を防ぎ、
質の良い睡眠を取るためにも、

甘いものや精製穀物を食べる時は、

その前にサラダや海藻と言った
食物繊維を大量に摂取して

体脂肪の増加を防ぎましょう。

こうしてお腹がすく事のない
不眠解消の食べ方ができます。

ちょっとした食べ方のコツで
熟睡する身体を作れるので
ぜひ意識して下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。