サーカセミディアンリズムとシエスタ、昼寝の休息法のメリット


今回のテーマは、

サーカセミディアンリズムと
シエスタ、昼寝の休息法のメリット

について紹介します。

前回の最後に紹介した、

小休止でお昼ごろに眠くなる
私たちの体内リズムですが、

これは約24時間の
サーカディアンリズムに対し、

12時間の

サーカセミディアンリズム

と呼ばれています。

つまり、起きている時間の半ばで
休むように、私たちの体はあらかじめ
プログラミングされているという事です。

ヨーロッパの国々では、
シエスタと呼ばれる昼寝の習慣がありますが、

サーカセミディアンリズム
という視点から見れば、

これは実に理にかなったものです。

健康的な生活を送るのに
メリットがある方法と言えます。

スポンサーリンク

スペインのシエスタの風習とメリット

スペインの習慣では

日本より遅い昼食をしっかり
とった後に午後三時頃から、

3時間程度の長い昼休みが入ります。

この時間帯はお店や会社でも
多くが休み時間にはいるので、

この風習を知らないままやってきた
外国人はよく戸惑います。

これがシエスタと呼ばれるものですが、
このサイクルで過ごすとなると、

時間がもったいないと感じる人も
いるのではないでしょうか。

しかし例えば他の国と比べると、

スペインでは朝起きるのが早く、
夕食も遅く、就寝時間も遅い為、

睡眠時間の合計はシエスタなしの
スタイルと大差がないのです。

お昼に堂々と昼寝をするのは
良からぬ事というイメージが
日本人にはありますが、

人体の持つ睡眠や休息のサイクル
と言う面から言えば

メリットが多いのです。

サーカセミディアンリズムと光の関係

昼に休息を取り入れれば、

心身のスッキリした状態が
一日に二回入る事になります。

これは仕事の生産性を上げる意味でも
重要な事なのです。

多くの成功者と呼ばれる人は
自分で工夫して一日にこまめに
昼寝をする人も多いです。

なので、もちろん国の政策や
会社の方針として

システムを変える事は難しいでしょう。

3時間と言う極端な時間でなくても、

私たち日本人も、本来備わっている
体のリズムを罪悪視などせず、

積極的に昼寝を取るべきなのです。

ところで、こういった体内時計は、
現代にあっては非常に狂いやすいものです。

まあ無理もないのですが、、

私たちの生活には
蛍光灯、ネオンサイン、パソコンの画面、
自動車のヘッドライトなど、

夜だろうが昼だろうが、
現代は光に溢れています。

そもそも古代から長きにわたって、
私たち人間にとって光というのは
太陽の光くらいしかありませんでした。

体内時計の慢性的な乱れの弊害

サーカディアンリズム
サーカセミディアンリズム

といった体内時計は
自然と調和して作られています。

だから、体内時計は
単純に、太陽の光だけに反応すれば
良いようにセットされています。

しかし、これだけ世の中に光が溢れてしまうと、
一体どの光に反応すればよいのか

視交叉上核が混乱してしまいます。

さらに光だけでなく、
長時間労働、交代勤務、長距離移動など、

一定の生活リズムを乱す要因は
いくらでもあります。

これら色々な刺激にほんろうされ、
体内時計は乱れるのです。

なのでしっかりとした体内時計のもと、
昼寝を取ったりして調整しなければいけないのですが、

体内時計の乱れが慢性的に続くと、
もはや、体は正常なサーカディアンリズムを
刻む事もできなくなります。

すると、頭はスッキリしない、
常に眠いといったいわば慢性的な
時差ボケのような状態になってしまいます。

シエスタ、昼寝の休息法のメリット

これは今後詳しく解説する
概日リズム障害と言った、

立派な病気として扱われていしまいます。

概日リズム障害に陥った人は

一日中取れない眠気と共に
食欲が収まらず、体重がどんどん
増えていくという現象にもよく出くわします。

これは、視交叉上核の近くに
満腹中枢があり、体内時計の
狂いによる影響が

レプチンという満腹中枢を活発にする
ホルモンを減らしてしまうからだと言われています。

つまり、そういった病気になる前に
体内時計をしっかりと整える必要があるのです。

サーカディアンリズムだけでなく、
昼寝などで整えるサーカセミディアンリズム
もしっかりここで理解しておいて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。