ロングスリーパーとショートスリーパーの性格と特徴の違い


今回のテーマは、

ロングスリーパーとショート
スリーパーの性格と特徴の違い

について紹介します。

前回紹介した、三つのタイプの
睡眠のタイプですが、

これだけであれば、

「ああ、そうなんだ。。」

という雑学で終わってしまいそうですが、

ロングスリーパーとショートスリーパー
というのは人間が持つ興味深いメカニズムです。

ロングスリーパーとショートスリーパーの決定には
遺伝的な要素が大きく関係していると言われますが、

特に興味深いのは
ロングスリーパーとショートスリーパーによる
性格と病気との関係など特徴の違いです。

スポンサーリンク

ショートスリーパーの人の特徴と性格

ショートスリーパーの人は、
カットなりやすく、負けん気が強く、
行動も活発だと言われています。

いわゆる激情型タイプです。

有名な人では
織田信長やナポレオン、エジソンがいます。

織田信長は
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
と表現されるように、

少しでも気に入らない事があると
瞬間湯沸かし器のように怒りだす
人だったそうですね。

本能寺の変の背景には明智光秀が
信長から受けた数々の恥辱があった
という説は有名です。

またエジソンは1日16時間も
仕事をした人として有名ですが、

発明の権利をライバルに奪われまいと、
すぐに裁判を起こしました。

過敏で負けん気が強く、
「訴訟王」と呼ばれてたくらいです。

こうした性格の人は、
ある一定の病気にかかりやすい
特徴を持っています。

脳卒中や心筋梗塞など
循環器系の病気です。

この手の病気は突然死する
リスクもあるタイプで、

織田信長は、重度の高血圧を
患っていたであろうと考えられていて、

本能寺で殺されてなくても、

早かれ遅かれ、心臓の病気で
亡くなったであろうと言われています。

ロングスリーパーの人の特徴と性格

一方で、ロングスリーパーの人は、

おとなしく、内向的で完璧主義、
ストレスを内に秘めやすい性格だと言われています。

アインシュタインはこの
ロングスリーパーの代表で、

一日10時間は睡眠を取らないと、
うまく頭が働かなかったそうです。

あの相対性理論もベットの中で
思いついたと言います。

他にもウィリアム・シェークスピアも

「眠りは、この世で最も滋養になる饗宴」

と言い残すロングスリーパーだったと言う話もあります。

じっくりとものを考えたり作ったりする
学者や芸術家に多いタイプです。

病気との関係と言えば、
こうしたタイプの人は、

うつ病や神経症などの精神疾患、

さらには癌になりやすいと言われています。

ストレスが睡眠時間を長くする

つまり、

ショートスリーパーは
外交的で明るくさっぱりした性格で、

ロングスリーパーは
その逆で内向的で何かと思い悩んでしまいがち、

この差は、
ストレスにあると言う説があり、

ストレスをためてしまう事で
脳細胞を酷使する人は、

その疲労から回復するには長時間の睡眠が
必要になるからロングスリーパーになる。

一方でくよくよ悩まない人は
脳細胞の疲労も少なく、

短時間の睡眠で事足るために
ショートスリーパーになる

という見解があります。

もちろんこれら性格の際は
あくまで統計的なものに過ぎず
生物的根拠はないのですが、

興味深いですね。

無理やりショートスリーパーになろうとすると

このように、睡眠時間には
時間の枠を超えた特徴があります。

ところが、中には、強引に
睡眠時間を短縮しようとする人がいます。

時間を有効に使いたい現代人にあっては、
ごく当然のことかもしれません。

ショートスリーパーになりたい
という人はたくさんいます。

しかし、睡眠時間は個性の一部であり、
遺伝子に組み込まれていることであり、

容易には変えることはできません。

ロングスリーパーの人が、
短時間睡眠を試みても、

睡眠不足になるだけです。

逆にショートスリーパーの人が、
長く寝ようとすると、

寝過ぎて眠い・・という現象など
起きるのです。

ロングスリーパーとショートスリーパーでは
性格と特徴の違いがあります。

つまり、自分にあった時間の
睡眠を取るのがベストという事ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。