ストレス、悩みに真剣に向き合うのは小さいうち早い方が良い

ストレス、悩みに真剣に向き合うのは小さいうち早い方が良い
今回のテーマは、

ストレス、悩みに真剣に向き合う
のは小さいうち早い方が良い

について紹介します。

最初本当に小さかった
悩みの芽が、

時間が立つほど大きくなり
膿のように溜まっていきます。

そしてそれがやがて
大きな問題やトラブルにつながる
可能性が大きくなります。

そうなれば、問題解決は
容易ではなくなります。

だからまだ小さな芽のうちに
摘んでおいた方が言い、

悩みに向き合うのは早い方が良いのです。

悩みは早く向きえ合えるほど
解決も楽になります。

でも、、、

「そんな事は分かっている…」

頭では分かっているかもしれません。

なぜ悩みに気づかないのか。

或は気づけないのか。

そこには悩みを直視する事への、
潜在的な不安があります。

現状を変える事への
抵抗感もあるかもしれません。

そのような不安を避けるあまりに、
悩みを直視せずに

現在の状況を改善しないから、

かえって後々さらに膨らんだ
悩みを抱えるはめになるのです。

スポンサーリンク

悩みに向き合うのは早い方が解決できる

悩みと言うのは早めに向き合い

小さいうちに悩みの原因を
つぶしておけば少ない労力で
解決できるのに、

放っておくからどんどん
大きくなって手に余ってしまう…

そのケースとして、

ある会社経営者の話が
参考になります。

その経営者は
先代が創業した会社を受け継いだ

いわゆる二代目である彼は、

先代から働いているの
年上の役員たちのやり方と、

自分なりの経営方針の違いで
長らく葛藤していました。

つまり理想と現実のギャップで
悩んでいたのです。

先代の時代に成功した
会社軽軽の方針と現代の
やり方にギャップがありすぎる…

と感じていた彼は新しい
戦略を提案するのですが、

若手社員から上がってきた
新規事業の計画に古株幹部は

「うまくいくわけがない」

と一蹴。

社長である彼は、

リーダーシップを発揮しなければ
ならない立場なのに、

長らく働いてきた人々への遠慮から
曖昧な態度に終始していました。

言い訳で悩みは解決しない

彼の悩みは

新しい方針に切り替えたいが

さりとて古くからいる
役員たちともめるのも
気が引けると言う所でしょうか。

その状態を続けていっても、

どっち付かずの経営は
現場を混乱させ、

一貫性のない場当たり的な
対応しか生み出せません。

それが長く続く事で、
徐々に経営も上手く行かなくなります。

不協和音が社内にまとわりつくのです。

「古くからの役員がいるから、
改善ができない」

と彼は言い訳しますが、

それはただの甘さであり、
現状認識できない

優柔不断な経営者である
事実を露呈しているのに過ぎません。

言い訳をいくらしても
悩みは解決できないのです。

向き合って対処しなければ行けないのです。

経営者の彼の場合、

心のうちを明らかにし合い
本音でぶつかれば良かったのです。

その上で判断して決断するのは
リーダーである経営者の仕事です。

それを責任を持ってやれば良かったのです。

早期発見こそ問題をなくすベストの方法

会社経営でも、人間関係でも、
健康の悩みでも、

何であっても、

早く向き合い、問題に直視して、

気づいたときに解決しておく事が
被害の拡大を食い止める、

或は状況を好転させる
唯一の方法です。

現在の状態を続けていっても、

先行きの展望が開けない事は
分かっているのに、

いざ悩みの解決に足を踏み出す事を
躊躇してします。

あるいは、その場その場で

「あ、これがいいから、これをやろう」

と目先の解決策に飛びつくのは
一貫性のない証拠です。

悩みに直面した時、

それを避けて通るのか、
それとも困難を承知で真摯に
向き合うのか、

どちらを選択するのかは、

自分自身で考えるしかありません。

今その悩みに取り組む事が
大事だと誰でも認識できるにも関わらず

「今はその余裕がない」
「時期尚早」
「お金がない」

などと、

いろいろな理由をの場立てて行動しない、

つまり良い訳をしているのです。

それは、自分の中に「悩み」
と言うなのがん細胞を増殖させる事を
意味します。

見て見ぬフリが問題となる

病気でも早く向き合えうほど
問題解決は楽です。

がん細胞を早期発見して、

そのまま放置しておく人はいないでしょう。

早期発見するほど、
癌の克服の確率も上がります。

逆に発見できなければ、

体全体に転移してどうにもならない
状況に陥るだけです。

悩みから一時的に目をそらしたとしても、

がん細胞が増殖するように
その悩みは必ず自分の将来につきまとってきます。

多くの人を見てきて
気づいた事が

「悩みの存在に気づいた時点で
適切な判断を下せる人は、

その後の人生も成功している」

と言う事です。

今から一年後に

「時間的、経済的な環境が
整ったら治療します」

と言われても、

一年前と同じ治療法が
有効であるとは限りません。

一年後にはもっと症状が
悪化している可能性が高いですし、

今であれば失わずに済むものも、

一年後では取り戻す事が
不可能と言う事はあるのです。

大病、倒産を避けるためには

悩みも無視して放っておくと
やがて大きな問題となり降りかかります。

健康であれば、
癌や心臓病など大病を患う前に

何かしらの兆候があったはずです。

ビジネスでも朝起きたら
急に倒産と言う事態にはなりません。

何かしら問題が合ったはずなのです。

それを見て見ぬ振りをしてしまえば…

他の誰かが解決してくれるだろう
と他力本願であっては、、

例えば、

病気になって医師が診断をすれば、

現在の状況と将来の
可能性について話をされますが、

実際にこの治療をされるかされないか、
判断するのは患者です。

いくら「治療するのが最善だ」と判断しても、
それを人に強制する事はできないのです。

自分で決めなければ行けません。

先に伸ばせば延ばすほど
問題は大きくなります。

例えば、診断を受けて、

中には高額な治療を
施さなければならない人もいます。

専門家やアドバイザーの知恵を借りるのに
お金が必要な事があります。

このお金を支払う事に
躊躇してしまい悩みを先延ばしする人もいますが、

それでも健康に投資をして

その後人生が下り坂になってしまった
と言う人を私は見た事がありません。

自分の健康のために必要な投資をして、

一時的に大きな出費があったとしても

健康を取り戻した際は、
必ず投資以上の喜びを得られます。

取り戻したい健康があるからこそ、

再び仕事や生活を
充実させる事ができるのです。

迷いながらも決断した
後になって一様に

「あの時決断していて良かった」

と言います。

悩みが大きくなった後に
ようやく大騒ぎして、

事の深刻さに気づいたときには
もう手遅れになっています。

その意味では、悩みを避けて
通っていれば、

病気や倒産と言ったそれ相応の
結果がきっちり返ってくるのです。

悩みは早く向き合い
小さいうちに解決する事を
肝に銘じておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。