悩みを抱える人は優しい人か理想が高い人、理想と現実のギャップ

悩みを抱える人は優しい人か理想が高い人、理想と現実のギャップ
今回のテーマは、

悩みを抱える人は優しい人か
理想が高い人、理想と現実のギャップ

について紹介します。

悩みを抱えている人には
ある特徴が見られます。

たいていの場合、
優しい人か、理想が高い人です。

悩みを持ち、ストレスに押しつぶされる人は
たいていの場合、

それは弱さを持ってたり、
欠点を抱えている事ではないのです。

むしろ逆です。

悩んでいる人は優しかったり、
理想が高かったりする人なのです。

そうした人だからこそ、

現実問題にうまく対応できずに、
一人で悩みを抱えてしまうのです。

悩みを抱えている人は、

現実と理想のギャップに悩み、
ノーと言えない事に悩む、

理想の高い人であり、
優しい人が多いのです。

もしあなたも悩んでいるのであれば、
そうかもしれません。

では、、それが悪い事なのか?

と言うと決してそういう事ではありません。

だからこそ、ちょっとした
考え方の違いを持つ事で、

人生は凄く楽になってきます。

そんな悩みを持つ人の特徴と
解決法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

悩みを抱える人の特徴「理想が高い人」

悩みを抱える人の特徴の
1つ目が「理想の高い人」です。

例えば、

「営業成績でトップをとりたい」
「作品のクオリティを高めたい」
「誰にでも笑顔で接する人になりたい」

自分自身が定めた
目標や思い描いている理想に対して、

今の自分がまだそこまで
達していない時、

人は

「どうすれば良いのだろう」
「他にどんな方法があるのだろう」

と思い悩みます。

他人から見れば

「そんな事で悩んでどうするの?」

と言われてしまう事も
あるかもしれませんが、

本人にとっては大事な事なので、
悩まずにはいられないのです。

ときには眠れない夜を過ごしたり、

胃がキリキリ痛むような
日々が続く事もあるでしょう。

この場合、悩みと言うのは

理想と現在の自分との
ギャップがあるから存在するのです。

理想が高ければ高いほど

悩みは大きく、
また深いものになります。

つまり、悩んでいる人とは、

理想が高い人のことを言うのです。

しかしこれはいい面もあります。

そもそも理想がなければ
悩む事もありません。

人は悩んで大きくなるものなのです。

成長のチャンスになるのです。

理想が高い人が
悩みを解決するためには

少し理想やチャレンジを下げてあげる事、

するとリラックスして肩の荷が軽くなります。

あるいは、自分のスキルや能力を
あげる事にフォーカスするのです。

自分の力が上がれば、
それまで持っていた悩みも小さく
感じるようになります。

悩みを抱える人の特徴「優しい人」

悩みを抱える人の特徴の
2つ目が「優しい人」です。

こう言った人は
頼まれるの「ノー」と言えません。

「これ明日までにやっておいて」
「人数が足りなくなっちゃたから
出てくれないかな」

など、上司や同僚、あるいは友達
から頼み事をされると、

本心では「ノー」なのに、

断る事ができずに
つい「イエス」と言ってしまいます。

人間関係をこじらせたくないばかりに
相手に応じてしまう人は少なくありません。

ところがせっかく
相手の要求に応えたのに、

ろくに感謝もされない、、

やっぱり「ノー」と言えば、
よかった。

そうして自分自身で抱え込んでしまうから

その不満や我慢が蓄積されて、

ついストレスになってしまうのです。

つまり、相手の要求に応えようとする人は
優しい人なのです。

優しいから困っている相手を

「楽にしてあげたい」
「助けてあげたい」

と親身になってしまうのです。

しかし優しい事が悪な訳がありません。

素晴らしい事です。

ただ自分の中で
「イエス」と「ノー」の線引きが
低い事が問題なのです。

自分を傷つけてまで
相手を思いやる事は

決して善とは言えません。

自分に余裕があるからこそ、
相手を思いやれるのですから。

自分がつぶれていっては
元も子もありません。

優しい人が頼まれ事をする。

それがひとつふたつなら
問題はありません。

余裕があるうちは
応じた方が良いです

余裕があるうちに
「ノー」と言ってしまうと、

かえってそれがストレスになりかねません。

でも、要求が積み重なって、
「もうダメだ」と思ったときは

やんわり「ノー」と言うべきです。

それが相手に対する拒絶ではありません。

「残念ながら、今回は『ノー』でsぐあ、
次の機会に余裕があれば、
お受けしますよ。」

と言う意思表示なのです。

それは

「そうか、今回は無理なんだな。
いつも頼んでばかりいて悪い事してるな」

と言う相手への気づきを促すと同時に、

適度に恐縮させない
さりげない「優しさ」でもあるのです。

悩みを解決する方法

理想が高いが故に悩む人、
優しいが故に悩む人、

いずれにせよ悩みを
解決するために大切な事があります。

人間は、周りに
どれだけアクシデントや失敗

停滞事例があっても、

実際に自分の身に降りかかるまでは

「私だけは大丈夫」

とそれを他人事として
片付けてします。

冷静になって考えれば
予期できていたにも関わらず、

失ってから初めて
その重要性に気づくのです。

それは老若男女を問わず
誰も同じです。

悩みがあっても、

日常生活や仕事に
支障がないくらい小さいとき、

人はその存在になかなか
向き合おうとしないものです。

そう思うのは、
本人が鈍感だからではありません。

その悩みが大きくなると
大変になる事は、

うすうす気がついているのです。

「まだ大丈夫、後でやれば何とかなる」

「せめてもう1週間はこのまましのぎたい」

と、まだ行動していない自分を
正当化したいから、

悩みそのものを過小評価してしまうのです。

理想が高い人は、

現実と理想のギャップが
開きすぎる前に対処する必要があります。

優しい人は、
余裕がまだあるうちに対処する必要があるのです。

悩みは後回しにするほど辛くなる

例えば、あなたが中小企業の
経営者だとしたら、

資金繰りが厳しくなっているのに

「売掛金が今月中に回収できるかもしれない」
「銀行が融資してくれるかもしれない」

と、この期に及んで
取らぬ狸の皮算用を
しているようなものなのです。

誰もが自分の行く手に何か
悩みが生じる事は認めたくないのです。

認めたくないから、

その悩みに気づきたくない。

或は見て見ぬ振りをする。

またいつの間にか誰かが
解決してくれる事を期待する。

心のどこかにそんな甘えと
希望的観測があります。

「まだまだ、大丈夫」

そう思いたがるのが人情なのです。

そんな他力本願の生き方をしているから、

人生を改善する事もできないのです。

先の中小企業の例なら
資金をショートしています。

「何とかなる」と思わない

今すぐ取り組んだ方が後が楽です。

理想が高い人は
今すぐギャップを埋める処置をしましょう。

優しい人は早めに
納得できない事はノーと言う

こうした意識使いを持つだけで
今後人生は楽になり、

ストレスフリーの人生を
送る事ができるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。