添加物としてのたんぱく加水分解物の健康への安全性と危険性

添加物としてのたんぱく加水分解物の健康への安全性と危険性
今回のテーマは、

添加物としてのたんぱく加水分解物
の健康への安全性と危険性

について紹介します。

味の素などグルタミン酸が有名ですが、

添加物としてのアミノ酸は、

うま味のもととして多くの加工食品に
「味付け」目的で加えられています。

人類は古来から、例えば鰹節や昆布で
「だし」を取ったり、

鳥ガラや牛スジなどで「スープ」を取り
うまみを作ってきましたが、

化学調味料はあくまで添加物、
化学物としての毒素のリスクがあります。

たんぱく加水分解物も化学的な、加工食品の
調味目的で使用されるものですが、

たんぱく加水分解物は、「加水分解」という
単純な加工で製造されることなどから、

添加物ではなく、食品に分類されています。

とはいえ、健康への危険性は懸念されています。

スポンサーリンク

加水分解とは何か?

加水分解と言うのは

文字通り、

「水を加える事で化合物を分解する事」

です。

この加水分解と言う方法は、
比較的簡単な加工になっているので

この方法で製造された物質は
食品添加物ではなく、

食品扱いになっているのですが、

たんぱく質加水分解物は

たんぱく質を酸(塩酸)、
アルカリや酵素などで分解した物で、

グルタミン酸ナトリウムのような
アミノ酸系の調味料です。

化学調味料に対し、
天然調味料とも言われています。

化学調味料は

「調味料(アミノ酸)」などと
表示されますが、

タンパク加水分解物はアミノ酸以外の
成分も一定量含まれるので、

アミノ酸ではなく、タンパク加水分解物と
表示する事になっています。

たんぱく加水分解物の健康への被害

「たんぱく質と言う事は身体に害はないのでは」

と言うイメージもありますが、

たんぱく加水分解物は
生産方法によって

発がん性物質が出来る可能性もある
と言われています。

塩酸で分解する方法は、

原料(たんぱく質)の脂肪に
由来するグリセリンと塩酸によって

製造する段階でクロロプロパノール(MCP)
と言う物質が作られてしまいます。

このMCPは、

FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)が、

「発がん性物質の疑いがあるので、
可能な限り低減する事」

としている物質です。

4つの種類があり、その中でも
人への健康影響が懸念されているのは、

「3-MCPD」「1,3-DCP」の2種類です。

MCPは、塩酸を用いるときだけ作られ

残留基準値が設定されている
わけではありませんが、

日本生協連では残留値を自主基準で
1ppm以下と定めています。

化学調味料の安全性と健康被害

たんぱく加水分解物と並び
覚えておいてほしい、

健康被害のリスクのある添加物が

「グルタミン酸ナトリウム」

グルタミン酸は、アミノ酸の一種ですが、

自然界にも、昆布やしいたけにも
含まれているうまみ成分です。

それを化学的に合成したのが
グルタミン酸ナトリウムですが、

有名なのは味の素です。

この成分はたとえ天然のものでも
大量に摂取すると身体に異変が起こり、

顔がしびれ、呼吸困難を伴う事もあります。

中華料理は特に大量に使うので

中華料理店症候群(CRS)と
名付けられた事もあるのですが、

化学調味料は五感を狂わせます。

私たちは、化学調味料、砂糖に慣れ過ぎて

本来の味覚が判らなくなっているように思われます。

食品表示には
「アミノ酸等」とだけ書いておけば、

何種類化学調味料を入れようが、
この中に含ませることが出来ます。

だからこそ知らないうちに
体内に大量に摂取してしまう事もあるのですが、

恐ろしい話が、
東南アジアでは野犬狩りに
グルタミン酸ナトリウムを使うそうです。

味の素を大量にかけた肉を野犬に食べさせ
脳が破壊された野犬はフラついてしまいます。

そこを捕獲するということなのですが、、

脳細胞が損傷するリスクがあり、

癌の原因であると指摘のある
寄生虫の被害リスクを高めます。

自然に取った出汁、

例えば鰹節や昆布をゆっくり
30分ほどかけてうまみを出せば
良いお出汁を取れます。

醤油や味噌も本醸造のものなら
甘み・旨味があって、速成された味噌とは大違いです。

その味をごまかして
添加しようとするのが

化学調味料やたんぱく加水分解物なのです。

それで何も無ければ良いのですが、

やはり健康への被害があるのです。

たんぱく加水分解物はあくまで添加物

たんぱく加水分解物のために
使用されるたんぱく質は、

動物性(肉の余った部分やゼラチン、
骨、毛でも良い)を使う場合と、

植物性(小麦や大豆など)を使う場合があります。

つまりコストが安いのですが、

たんぱく質加水分解物は

化学調味料に取って代わるほどに
使われだしましたが、

あくまで工業的に作り出された
調味料です。

添加物の分類にはされていませんが、

昆布や鰹節などの
本当の天然出汁とは違う物です。

例えばしょうゆには

本醸造しょうゆと混合しょうゆがありますが、

この混合しょうゆなど値段の安い醤油には、
たんぱく質加水分解物が入っています。

仮に醤油は大豆から作れば
コストも時間もかかります。

醤油を水で薄めて、味付けに安いアミノ酸を
入れれば利益は莫大です。

あくまでビジネスであり、

健康を守るのは自分たちが
知恵を付ける以外にありません。

添加物としてのたんぱく加水分解物の
健康への安全性と危険性も
しっかりと理解すべきなのです。

いくら安全の基準を設けようとも、
食の安全は、工業化された化学的な食品には無いのです。

十分注意をしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。