魚介類・大型魚の水銀の危険性、妊婦、胎児、幼児への影響

魚介類・大型魚の水銀の危険性、妊婦、胎児、幼児への影響
今回のテーマは、

魚介類・大型魚の水銀の危険性、
妊婦、胎児、幼児への影響

について紹介します。

大型魚の水銀の問題は
妊婦、胎児には大きくかかわります。

「妊娠中は、水銀リスクのある
魚介類を一切食べない」ことに
したほうが安心です。

ただし妊娠中ほどできるだけ
バランスの良い栄養を取る必要があります。

大型魚は避けるとしても
魚介類全体を避けてはいけません。

「イワシ、アジ、さんまと言った小型魚や
タイ、カレイ、ヒラメなど」を
積極的に食べる事によって

栄養補給を心がけてください。

日本では、胎児の健康のために
妊婦の方だけに摂取の勧告が出されていますが、

欧米諸国の多くは

乳幼児や子供にも摂食の
基準値を設定しています。

回転寿司などで、子供が
お寿司を食べる機会も増えています。

水銀摂取を減らすために
マグロ類だけを食べると言った
偏った食事は避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

水銀が、マグロやカジキなどの
肉食性の大型魚や歯クジラ(イルカも含む)
などに多く含まれ、

小さい魚のサンマ、アジ、イワシなどは
少なくなっています。

これは食物連鎖の影響が大きいためです。

川や海の無機水銀が微生物により
メチル水銀に変化し、

魚介類がそれを取り込んでいきます。

小さい魚を大きな魚が食べていく
食物連鎖によって

大型の魚ほどメチル水銀が
蓄積される事になるのです。

欧米諸国ではどちらかと言うと
マグロよりも、カジキの危険性を
指摘しています。

日本は、メカジキを「週1回80gまで」
マカジキを「週に160gまで」としていますが、

アメリカは、メカジキを

「摂取を避けるべき」
つまり食べるなとしています。

EUは、メカジキ、マカジキを
「週に多くて1食100以下」とし、

さらに「メカジキ、マカジキを食べた場合は
その週はいかなる魚も食べては行けない」

と非常に厳しい見方をしています。

どちらかと言うと
「マグロよりもカジキ類が危険」
と言う認識のようです。

とにかく大型魚の水銀被害に注意し
特に妊婦さんは胎児の健康のためにも
注意が必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。