人に影響を与える成功者になる、謙虚な人、傲慢な人の特徴

人に影響を与える成功者になる、謙虚な人、傲慢な人の特徴
今回のテーマは、

人に影響を与える成功者になる、
謙虚な人、傲慢な人の特徴

について紹介します。

世界で通用する人間力の磨き方
として紹介したい次の価値観は

謙虚さです。

成功をつかみ取るために
必要な価値観ですが、

今回はそんな謙虚な人の特徴、

また逆の価値観である、
傲慢な人の特徴について紹介しましょう。

一時的にうまく行って
すぐ傲慢になる人もいますが、

これは長期的な成功は望めません。

自分を過大評価せず
過小評価もせず、

謙虚に学び努力し続け、

接する人の誠実に付き合い
思いやりを失わない仕事をすること、

こういった価値観を
持つ事が大切なのです。

我々人間社会で成功するためには
人間関係が必ず関わります。

だからこそ人に影響を与える
人こそが成功者、そしてリーダー
になるのです。

そのリーダーとしての
人格に一番必要な価値観について
考えて行きましょう。

スポンサーリンク

謙虚な人の特徴

謙虚な人の特徴というのは、
横柄でも傲慢でもないひとを指します。

大きな自慢をする事もありません。

また、自分の興味だけで行動する事もせず、
自分の意見を先に言おうとせず、

じっくりと相手の言う事だけに耳を傾けます。

謙虚な人ほど、
静かに観察をして、自分たちの見解を
分かち合う事にも積極的です。

稀に、謙虚な人は、
力不足と見られがちですが、

これは間違いです。

控えめな人には、
素晴らしい力と勇気が備わっています。

「真実を発見するためには、
人間は塵のように謙虚にならなければいけない。

出会いひとすべてから
学ぶ事が出来ると信じる事である」

これはインドを独立に導いた
マハトマ・ガンジーの言葉です。

ガンジーは控えめですが、影響力があります。

彼の質素という信念は、
力ある相手から敵意を取り除きました。

高い社会的地位にあるもの特有の
華やかさや式典というものを
必要としなかったのです。

それでいて世界中に
そして彼の死後まで

人々に影響を与えています。

謙虚な人ほど、
あいつは横柄だと言うような理由で
敵意を持たれたりはしません。

なので、謙虚さという価値観は
対人関係において良い事なのです。

豊かな人ほど、
謙虚さを重んじ、自慢を避けるものです。

傲慢な人の特徴

一方で、傲慢な人間というのは、
自分を前面に押し出し、

人の話を聞きません。

傲慢な人は、自分のやり方で
物事が進まないことを嫌がり、

人からの協力を得ようとはしません。

傲慢な成功者の特徴は心の奥底では
「何でも一人でやってきた」
と考えてしまいがちです。

誰の世話にもならず、自分一人で努力して
苦労を乗り越えそして成功を手に入れた

…と考えてしまうのです。

ただそれでは、成功は
長続きはしません。

しかし謙虚な成功者の特徴は、

「自分はずっと他人によって生かされてきた」

ということを実感しています。

家族や親族、学校の先生や友達、
近所の方達のおかげで育つことができ、

ビジネスにおいては、
お客さんが商品を買ってくれるから
成功する事ができている事を理解しているのです。

そして先祖たちが
強い国を作ってきてくれたからこそ
自由に活動できる事を知っているのです。

そう考えれば

「自分の力だけでやってきた」

などと傲慢な考えは出来ないはずです。

謙虚な成功者を目指して

長期的に成功を目指すのであれば、
謙虚さと言うのは必要な価値観と言えます。

世界では学ぶべき事はたくさんあります。

私がビジネスの師匠に学んだ事が、

「人より優れる必要はない、
ただ自分が決めた事を最後までやればいい。 」

そして、

「過大評価も過小評価も
されないようにしなさい。」

と言う2点でした

自分のコアな部分に生き、
成長を楽しみ、

自分の好きな事をして仕事をしていれば、

質素に生きようが、豪遊しようが、
満足度はあまり変わらない。

だから謙虚に学び続ける事の
大切さを学びました。

そしてその態度の積み重ねが

やがて人に影響を与える
成功者としての生き方となるのです。

人は一人では絶対に生きられません。

どんなに優れた才能や大金を持っていても
無人島で一人ぼっちでは何の役にもたちません。

傲慢な人はここを忘れてしまいます。

周りに他人がいるからこそ、

私達は苦しい時もありますが、
楽しくもあり、生きる意味があります。

伝説の剣豪である宮本武蔵は

「我以外皆我師」

と言う事をよくいっていたそうです。

自分以外はみんな師匠という意味です。

この言葉は謙虚な成功者の特徴を
良く捉えた言葉だと思います。

素晴らしい言葉だと思います。

私たちは誰しもが、

目に見える物、目に見えない物の
両方のおかげで他人のお世話になり
育てられてきたのです。

謙虚に学び続けると言う価値観を持ち、
周りに貢献できるよう、

これからも精進したいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。