目標は固執せず柔軟に変化させてよい、目標設定と達成の秘訣

目標は固執せず柔軟に変化させてよい、目標設定と達成の秘訣
今回のテーマは、

目標は固執せず柔軟に変化
させてよい、目標設定と達成の秘訣

について紹介します。

前回、重要な選択をして、重要な目標を
見つけるべきと言う話をしましたが、

そう聞くと、

「選択は変えることが出来ないんじゃ…」
「目標達成する為の明確な道が見えない、、」

など、そういう恐れが沸き上がる
かもしれませんが、

そういった理由で重要な選択を
避けてはいけません。

目標は変えることができます。

目標は固執せず柔軟に変化させてよいのです。

実際に変わる事は良くあると思います。

でもそれで良いのです。

環境は常に変化し、
チャンスはいつも生まれます。

あなたは成長して、

自分が良いと思うものが
変わって行く事に気づいて行くと思います。

重要な目標であっても、
変更して構わないのです。

そして固執しすぎしない方が、

目標達成もスムーズになるのです。

もし一度決めた目標に
固執していれば大切なものを
見失う事もあります。

フレキシブルに対応するのが
最も重要なのです。

スポンサーリンク

固執しすぎると成功のトラウマに陥る

なぜ目標に固執し過ぎると良くないか、
ある成功者が言っていたのが、

「成功のトラウマに注意せよ」

と言うもの、

これは大きな目標を達成した途端に
脱力感に襲われたり、

人生の意義を見失ったりする
場合があると言う事

バーンアウト症候群など
とも言われますが、

一心不乱に目標だけを
目指して突き進むと、

それを達成した後に
モチベーションが枯渇する事があります。

幸福で充実させた
人生を送るためには、

常に柔軟な新しい
目標を設定し続ける事があるのです。

またいつも揺るぎない達成感を
持つ続けるためには、

目の前の個々の目標だけでなく、
大きな目的意識を持つ事が重要なのです。

目標を設定する事の大切さ

目標に固執しすぎず
柔軟に変えても良いとはいえ、

目標を定めない事は良くありません。

「すべてのものは二度作られる」

と言う原則がありますが、

目標、計画がなければ、
正しく前に進む事はできません。

家を建てる時
工事に取りかかる前には

しっかり設計図を書き、
建築計画を立てるものです。

大工さんには

「二度測って、一度で切る」

という格言もあると言いますが、

ビジネス、仕事に置いても、

目標もなくただ
ぼんやり過ごしているだけでは、

成果は期待できないでしょう。

まずは、具体的な目標を設定する、

商品、マーケティング、人事、セールス
資産配分などについて

詳細な計画を立て、
その上で実行に移すのです。

これが第一の創造です。

事業の失敗のほとんどは、

資金不足や計画の欠如など
目標設定しないことのよるものです。

目標は柔軟に変えても良い

人生においても、

端から見れば突然に見える
他者の成功も、

実際は何年もかけて計画を練り
練習や学習を重ねながら、

の染まし異性かを思い描いた結果なのです。

もちろん一攫千金がない訳ではありません。

宝くじに当たる事もあれば、
突然遺産相続が転がってくる事もありますが、

それは長続きしません。

目標もなく、気がついたときには
大きな成功を手にしていたと言う人はいないのです。

しかし、目標を柔軟に
変更させる事はあって良いのです。

「人生とは何かを計画しているときに
起きてしまう別の出来事の事」

と言ったのは歌手の
ジョン・レノンさんですが、

確かに人生には思いがけない
出来事がつきものです。

それを避けられるとは言いません。

ただし、目的、目標が
運命を作るのです。

「7つの習慣」スティーブンコビー博士は

著書の冒頭で、

自分の葬儀に集まった人たちが
弔辞として何を語るかを
想像してみるようにと言いましたが、

これは効果的です。

目標があれば、
あれこれと悩む事も減ります。

しかし何が起こるか分からない人生で
固執せず柔軟に変える事も大切です。

どのように人生の終わりを迎えたいか

を考える事によって
人はより主体的に生きる事ができるのです。

確かに他人の考えや意見に
縛られて暮らし、人生を送るのも
ひとつの選択肢ですが、

「すべてのものは二度作られる」

と言う原則に基づいて

人生を充実させるために
自らの手で作り出す事もできるのです。

目標を設定すれば達成できる

今現在では、あなたも今自分が設定した
目標を達成する為のはっきりした道と言うのが
見えないかもしれません。

でも大丈夫です。

もし逆にハッキリ道が見えている方が、

その目標は恐らく、それほど
刺激的で充足感のないもの

である可能性が高いのですから。

もし目標がないと言う人は

とりあえず下手でも良いので
設定してしまいましょう。

目標に向かうまでの過程、

これこそが、私たちに
最も充足感を与えてくれます。

長期的な大きな目標を達成する
過程において、

個人は成長し、学習する。

これこそが充実した結果に
繋がります。

途中で目標を変えても良いのです。

大胆な目標を設定することに
決して恐れを抱いてはいけません。

目標と言うのは、あなたの
想像力を掻き立てて、

成長をもたらしてくれるのです。

真の富と幸福、、

これらを得ることを選択し、
それを達成するような生き方をすれば

必ず手に手に入るのです。

柔軟にフレキシブルに
固執する事なく、

しっかりと目標を決めていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。