人生でネガティブば不幸が起こる原因とは?依存と自立の関係

人生でネガティブば不幸が起こる原因とは?依存と自立の関係
今回のテーマは、

人生でネガティブば不幸が
起こる原因とは?依存と自立の関係

について紹介します。

人生で不幸が起こる原因とは
どこにあるのでしょうか?

これは依存と自立と言う
ふたつの概念の関係と
深い関連があります。

人生の不幸や、苛立ち、
フラストレーションや悩み、、

そういったネガティブなものを
生み出すものは、

選択の法則を理解して、実践する
能力に欠如があるから起こる..

私はそう考えています。

つまり、人生で不幸が起きる原因とは
選択の法則を理解していない事。

逆に言えば、
選択の法則を理解すれば、

幸福で豊かな人生も
歩む事ができると言う事です。

ここでも選択の余地があり、
あなたの選択次第で人生を
変える事ができると言う事です。

スポンサーリンク

不幸な人の特徴は依存の傾向にあり

常にマイナス思考でネガティブな
思考を抱えイライラしている人は、
いつも不安を抱えています。

深層心理で恐怖や不安を抱えて
人生を過ごしてしまっているのです。

だからこそ、人生のあらゆる場面で
保守的になってしまいます。

他人の悪い事にばかり目がつき、

自分の不幸を他人のせいにする
そういった傾向があります。

また、置かれている環境に対し、
選択をする事なしに行動する為

その結果も伴いません。

さらにタチが悪いのが、

その悪い結果の原因も自分にある
という事に気づかないのです。

何も行動しなかったり、そのくせ
ただ良い結果を持つ様な人たちが
このタイプに当てはまります。

不幸の原因を自分以外に目を向けるのです。

それでは改善の努力もなければ、
コントロールもできません。

自分が選択をしない

という事は、

他の誰かや自分の置かれている環境
によって選択が行われてしまっている。

という事です。

選択と言う強力な力を
他人に渡してしまっていると言う事です。

これは別の言葉で言うと、

「依存」

という事です。

自立を促すのが大切

「依存状態」

これは自分自身のための選択を
他人に任せてしまっているのです。

これが幼い子供だったら、

必要な経験も知識もないのですから
両親や、年長者に物事を決めて
てもらう事もあるでしょう。

しかし、ある程度成長し、
一般の教育を受けているのであれば、

問題のある態度なのです。

人生でネガティブば不幸が
起こる原因は「依存」にあると言えます。

子供でさえ、自分を幸福にするような
選択をする事は可能なのです。

依存状態で幸福を掴む事はできません。

ところが、しばしば両親によっては、

自然と支配的になってしまい、
そういうつもりがなくても子供を
親に依存させてしまう場合があります。

さらにタチが悪いのが、

それが不幸を生む原因になっている事を
理解していない所です。

とにかく、成功や幸福を得たいのなら、
依存でなく自分で選択することが
極めて重要になってくるのです。

両親によっては、

無意識のうちに子供を親に
依存させてしまう…

しかもそれが愛情だと
勘違いしてしまう、

このような親の場合、

子供が十代の反抗期に入ると

それが自分のための選択を
しているが故の行動、

という事に気づかないことが多いのです。

子供はただ自立したいのです。

自立したいと言うのは私たちの持つ
本能でもあります。

それを押さえつけては行けません。

良い選択のスキルを教え、
自立を促すのは親の責任なのです。

依存から自立へパラダイムを変えよう

「自立が大切…」と言う概念と伝えると
必ずと言って良いほど

「自立と言っても人は一人では
生きていけませんよ。

他人の力を借りて何が悪いのですか?」

と言うような反論をする人がいますが、

これは少し勘違いしている
意見と言えるでしょう。

スティーブン・コヴィー博士
の7つの習慣と言う本で

「依存」「自立」「相互依存」

と言うパラダイムが紹介されています。

お互い全力で助け合うという
相互依存というパラダイムが
もちろん理想ですが、

まずは依存から脱却し
自立というゾーンに入る、

ネガティブな不幸を避けるための
自分の力を付けることがスタートです。

選択の法則に、世代間の格差

はありません。

選択する力は誰もが備えています。

そして、選択によって、結果が生まれる
ということを親から子供に教える事は
可能なのです。

そうすることによって、

子供たちは、良い選択と悪い選択が
密接に関係して行くことを学んでいくのです。

ある状況の元、

自分で自由に選択したとしても、
誰かに選択してもらったにせよ、

そうした全ての選択には結果が必ず
ついてきます。

そしてその結果には、

「社会的結果」と「自然的結果」

の二つがあります。

依存のパラダイムで不幸は消えない

社会的結果というものは、

政府の決めた法律や規則と言った
「社会法則」によって影響を受けたものです。

一方で、自然的結果というのは、

全人類共通の、普遍的な法則である
「自然法則」によって起きるものです。

結果のない選択はありません。

結果を先延ばしにできたとしても、
無くすことはできません。

そして世の賢人や成功者というのは、

過去の選択や、他者の賢人の経験から
良い結果を得るために、どのような選択を
するべきなのかを常に学んでいます。

もちろん人は一人では生きていけません。

しかし選択肢を放棄して他人にゆだねる
という不幸の原因となる「依存」のパラダイムでは、

人生を向上させる事ができません。

ネガティブな不幸を避ける
ことが出来なくなるのです。

まず依存状態から脱却し
自立と言うパラダイムに入る

そして自立した人同士が
力を協力し合う相互依存に入るのです。

まずは選択の法則をマスターし
依存から自立の関係を目指しましょう。

それが人生を豊かにする第一歩となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。