人生をコントロールする選択の法則、人生を豊かに変える方法

人生をコントロールする選択の法則、人生を豊かに変える方法
今回のテーマは、

人生をコントロールする選択の法則、
人生を豊かに変える方法

について紹介します。

まず最初に覚えておいて欲しいのが、

選択の法則

という法則です。

人生をコントロールする
選択の法則というものです。

これが真の富と幸福を築く上で
最も重要な法則です。

誰にでも状況や時間は関係なく
選択肢というものを持っています。

私の知る限りでは

この法則、ルールに関する
例外はほとんどありません。

流石に

自分が生まれてくる日や死ぬ日
を選ぶことはできませんが、

常にだれでも選択肢は持っています。

そしてこの選択の法則を実践すると
あなたはこれからの人生を

素晴らしい方に変えて行くことが
できるのです。

人生を豊かに変える方法なのです。

良い選択をすれば
必ず人生は良い方向へ向かっていきます。

スポンサーリンク

人生は与えられた課題をこなすだけ?

多くの人がこの選択の法則という
重要なルールに気づいていません。

人生は周りによって影響される
と思い込んでいるのです。

そして不自由な感情を抱え
退屈な毎日を送っている人が多いです。

もちろん私もそうでした。

学校では先生の言いつけられた教えを守り

テストの点数で一喜一憂し
与えられた課題をひたすらこなしていたのです。

そして社会人になり
それが上司になりました。

立場は変わっても生き方は変わりません。

こんな人生に満足していたか?

と言われれば、
心の中ではいつも違和感がありました。

そして師匠と呼ばる人物と出会い、

彼に「選択の法則」という
重要な概念を教わり、

自分の人生は自分で切り開けるのだ
という事をようやく悟る事ができました。

こう言ったチャンスは
誰にも訪れるはずです。

ただ、私が幸運だったのは

私の母は、

お前のなりたいものに必ずなれるよ

と言い続けてくれて、

彼女は私の良い所を
伸ばすよう育ててくれました。

心を豊かにするような会話そしてくれて
何かを達成した時は褒めてもらえました。

小さい子供にとって何かを達成した時に
見る両親の誇らしげな笑顔ほど
嬉しいものはありません。

そう、私の母親は自由を尊重してくれました。

だからこそ師匠に教わった
「選択の法則」を素直に受け入れる事が
できたのかもしれません。

個人個人には選択する権利があり
それは誰にも決して奪われない

そういう事を自然と教わり
身につけることが出来たのです。

人生を豊かに変えるには
まずはこの自分自身の
力に気づく事から始まります。

自由とは内面のもの

しかし、多くの人にとって自由とは

政治や組織によってコントロールされた
社会的自由を思い浮かべるかも知れません。

表現の自由とか
宗教の自由とか

この手の自由というのは
憲法や法律によって与えられる
重要な概念ではあるのですが、

内面の自由

つまり人生を変えるような選択をする
為の自由ほど重要ではありません。

表面的外部的な自由は

環境や時代が変われば
変わってしまいますが、

内面の自由は常に自分次第です。

ここに選択の法則の本質があるのですが、

あなたには選択の権利があって

どのような選択をするか…

それによって幸福の度合いも
富の総量も変わってくる。

これが選択の法則の本質です。

この概念は、あなたの人生にとって
大きな意味があるので、

しっかりと考えて欲しいのですが、

あなたが考える事も行動する事も

あなたは自分で自由に選べるのです。

人生を豊かに変えるのもよし、
人生を貧しく変えるのもよし、

これが我々が自然に与えられた
権利の一つなのです。

仮に選択を脅かすような
強い影響がある場所にいたとしても

それは結局あなたには
選択肢があると言う事なのです。

選択次第で人生は変わる

こんな事を想像した事はありませんか?

もしあのとき、

別の学校に行っていたら?

別の会社に入っていたら?

起業と言う選択をしていたら?

別の伴侶を選んでいれば?

大きく人生は変わったと思う
出来事はありませんか?

そのときの選択が正しかったか?
或は間違っていたか?

誇らしい選択か、後悔したかは
それぞれあるでしょうが、

そうした選択は今後の人生で
常に降りかかってきます。

そんなときに選択の基準がなければ?…

宿命と言う大きな力に
人生は大きく振り回されます。

しかし、人生を向上させる
選択の法則を知っていれば、

それをきっかけに大きな
飛躍をする事もできるのです。

人生を豊かに変える方法は
いつでも存在するのです。

もう少し極端な例でも
選択次第で人生が変わる事は
理解できるでしょう。

例えば、今

あなたは強盗犯に銃を向けられて
金銭を要求されているとします。

でもそこでどんな反応ををするか?

それはあなた自身が決められるのです。

こういう状況ほど選択肢が狭いように
感じられるかもしれませんが、

でも、選択の余地はあります。

一番最悪なのは撃たれてしまう
と言う事なので

こういう状況では素直に
お金を渡してしまうでしょうが、

とにかくどんな選択でも

良いにせよ悪いにせよ
結果がついてきます。

強盗犯に銃を向けられる…

たしかににこんな状況は悪い結果
となるでしょうが、

お金を渡すと言う選択肢は

少なくとも命を守られる…怪我しない

という面で良い選択ともいえるのです。

そうです。

人間にとって選択とは

今後の人生を変えるとても
重要な行為なのです。

人生をコントロールする
選択の法則について

しっかりと学んでいってほしいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。