睡眠薬なしで自然に眠る方法をマスターしよう、睡眠薬の弊害


今回のテーマは、

睡眠薬なしで自然に眠る方法を
マスターしよう、睡眠薬の弊害

について紹介します。

このサイトでお伝えしていく
睡眠の技術ですが、

この方法を使って眠ることが
できるようになれば

当然、睡眠薬は不要となります。

むしろ、私は
睡眠薬なしで眠る方法を
ぜひマスターして欲しいと考えています。

もし睡眠薬を服用しているなら、

ベンゾジアゼピン系薬剤、
抗うつ薬、抗ヒスタミン剤
或いは処方箋不要の薬かも知れません。

こう言った睡眠薬はそれぞれが
違った方法で働き、効果も異なります。

そしてそれぞれメリットデメリットがあります。

スポンサーリンク

睡眠薬にはできるだけ頼らない

ここが非常に大切な所です。

一般的な不眠の治療というのは
睡眠薬を使用する事です。

しかし、睡眠薬はできるだけ
使用して欲しくありません。

なぜなら、薬の長期間の
使用で効果はなくなっていきますし、

副作用として、
服薬の前後の記憶がなくなったりもします。

確かに一過性の睡眠に関する問題で
睡眠薬を用いると有用かもしれません。

しかし、長期に渡る睡眠の問題を抱えた場合、
睡眠薬の効果には大きな疑問があります。

また時には、
夜中に無意識のうちに起き出し
翌朝それを覚えていないという事も起こります。

何らかの理由で服薬を急に
止めてしまえば、

極度の不眠やめまい、不安
と言った離脱症状にも悩まされます。

こういった弊害、副作用によって、

薬から離れられなくなる事は
絶対にあってはなりません。

そうならないためにも、
初めから薬に頼らないという
意識が必要です。

不眠は人生全体に影響する

また、不眠は、
ただ「眠れない」ということ以上に、

様々な心理的、社会的、身体的な
問題を引き起こし、その人の生活の質を落とします。

眠れなければ、朝、すっきりと
起きる事ができませんし、

すっきりと起きる事が出来なければ、
食欲もわきません。やる気もわきません。

その為会社に行けなかったり
学校にけなかったり、遅刻してしまったり、

もちろん日中のパフォーマンスは
低いままです。

果ては、退職や退学を余儀なくされる
可能性だって出てきます。

それに波及して、
不眠と共に、頭痛や肩こり、疲労
腰痛、抑うつや不安など

不眠からくる心身の不調、弊害も出てきます。

不眠の背景には、別の病気が
隠れている事もあります。

眠れないという症状は、
慢性的であって、痛みを伴う事はないので
つい見逃されてしまいます。

これはもはや不眠の枠に収まりきらない、

全人的な問題であって、
薬だけで治療するには無理があります。

身体、心理、社会的な問題点をよく吟味し、
自己の回復力を十分に引き出し、

自然な眠りを取り戻すようにしなければ
これらは解決しません。

不眠が何らかの病気の症状である場合は、
できるだけ睡眠剤の使用を控え、

元の疾患を特定し、早急に
治療を行わなければなりません。

すべては自己責任ですが…

睡眠薬市場な増加の一方をたどる巨大産業です。

アメリカでは18歳以上の国民の1/3に当たる人が
何らかの睡眠障害を抱えて専門医のもとを訪れ、

睡眠薬を処方された経験があると言います。

現在では1年で1億ドル以上もの
睡眠薬が売られています。

日本でもその波が押し寄せてきていますが、

お金が大きく動く市場には
それだけ闇も存在します。

睡眠薬に関する弊害、
危険な話は良く聞きます。

とはいえ、
医者でもない私が無責任な事は言えません。

心身の健康は自分で守る、

それはすべて自己責任において
実践して欲しいのですが、

もし、現在睡眠薬を飲んでいるなら
一度にすべてやめることを勧めている訳ではありません。

それは人によっては非常に
弊害があり危険なことでもあります。

かかりつけの医者や専門家に
相談しながら、

でも少しずつでも
その使用を減らして行くことをお進めします。

医者や薬に頼らない睡眠術

不眠症というのは
決して単純なものではなく、

根が深くなると、様々な問題を含んでくるのです。

そうならないために、まず大切な事は
セルフコントロールです。

病院にかかる前に、医者や薬に頼らず
個人の力で日々の生活の中で
何かができるはずです。

睡眠薬に頼らず、
気軽に手軽にできる事から気長にやる。

このスタンスが重要だと思います。

睡眠薬の弊害なしに眠る事が理想です。

睡眠薬なしで自然に眠る方法を
マスターしましょう。

これからこのサイトではまず、
不眠のもたらす心理的、
また社会的な問題というのを明確にし、

次に睡眠のメカニズムや
隠れた病気、不眠の原因を述べ、

その上で、メインテーマである
睡眠の技術について

分かりやすく実践的に説明していきます。

眠りに関する悩みを持つ方が、
このサイトをきっかけに少しでも役に立ち

日々快適な朝を迎え、
職場や学校でより充実した
毎日を送ることができるようになれば、

これ以上の幸せはありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。