身体運的知能と運動機能に関わる脳の部位、領域と体性感覚野

身体運的知能と運動機能に関わる脳の部位、領域と体性感覚野
今回のテーマは、

身体運的知能と運動機能に
関わる脳の部位、領域と体性感覚野

について紹介します。

自分で感じた事、
あるいは考え意図した事を

体全体や手や口などの
体の一部を使って表現する
子供の身体運動的知能ですが、

運動野、小脳、大脳基底核

という部位に主要な
領域を持っています。

前頭葉の後部に
運動野、運動連合野

という運動機能に関わる
領域があります。

このうち、

運動野は運動の指令を
出す所です。

ここは、自分の意志によって
体を動かす随意運動を司る領域です。

スポンサーリンク

運動機能に関わる脳の部位、領域

ペンフィールドが、

運動野には体の各部位の
運動に対応する場所がある事を
発見した事は

以前にも紹介しましたが、

運動野では例えば、

「手」という大まかな
くくりではなく、

5本指それぞれを動かす
場所まで決まっているのです。

運動やの後ろには、

中心溝を挟んで皮膚感覚を
司る体性感覚野がありますが、

ここも運動野と同様に、

体の各部位に対応する
皮膚感覚の場所が決まっています。

運動野の機能地図を見ると

顔の中でも口の周辺に
対応する場所と、

手足に対応する場所、

そして足に対応する場所などが、

広い面積を占めている事が分かります。

脳の部位、領域と体性感覚野

こうした運動は、

運動の中でも特に微細で
微妙な調整を必要とするものです。

したがって、

細かで巧妙な調整が出来るように、

運動野に占める面積も
広くなっているのです。

ちなみに体性感覚野でも

顔や手、さらに足に対応する
場所は同じように広い面積を
占めています。

運動野は左右の脳に
それぞれありますが、

左脳の運動野は右半身の運動と
右脳の運動野は左半身の運動と

それぞれ連携しています。

つまり、脳と運動は
交叉支配の関係にあるのです。

運動野に前にある
運動連合野は、

運動のプログラムを作り、

その情報を運動野に指令として
出す働きをしています。

運動野をそれを受け、

その情報を脊髄の
運動神経を通じて筋肉に伝え、

運動を起こしたり、

あるいはそれを受け止め
たりして調整します。

身体運的知能と運動機能に関わる脳の特徴

例えば、

子供が2メートル先の
滑り台の階段を上ろうとするとき、

その子の運動連合野は、

階段についての目からの情報、

つまり階段までの距離や
階段の数や高さといった
情報を入手し、

それらを元に運動の
手順を決めて

「昇れ」という指示を
運動野に出しているのです。

運動野はその指示を受けて、

実際に滑り台の階段に近づき、

昇るという行動に関わる筋肉を
働かせる訳です。

同様に、

運動連合野と運動野の
連携により、

今度は滑り降りると言う
行動を引き起こします。

こうした運動を円滑に行わせるのが

小脳と大脳基底核の機能です。

大脳後部の下にある小脳は、

運動の指令と実際の動きとの間に
ズレがあるときに働いて、

そのズレを修正する
役割を果たしています。

一方、大脳皮質内部の
大脳辺縁系の下にある

大脳基底核は

必要な筋肉を組み合わせて
運動を始めたり、

指令と違わないように
運動をコントロールする
働きをします。

また顔の表情を作ると言った
微妙な動きの調整にも

大脳基底核が働いています。

運動機能に関わる脳の部位、領域

ガードナーの提唱する
多重知能としての身体運的知能
にはこうした特徴があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 岡田達雄 より:

    初めまして。一般社団法人日本運動療育協会の代表理事を務める岡田達雄と申します。
    当協会は、特別顧問を務めるハーバード大学のジョン・レイティ博士の監修を受けて、発達障害児〜定型発達児まで、すべての子どもの脳の発達を促す「スパーク運動療育」プログラムを指導し「運動療育士」の資格認定を行っています。

    本日このブログを拝読し、とても良い勉強になりました。ありがとうございます!
    今後、読者として登録していただきたく、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    • admin より:

      岡田達雄さま、コメントありがとうございます。
      素晴らしい資格ですね。
      何かしら参考になれば幸いです。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。