AGEsを減らす方法、高温調理、フレンチフライの健康の危険性

AGEsを減らす方法、高温調理、フレンチフライの健康の危険性
今回のテーマは、

AGEsを減らす方法、高温調理、
フレンチフライの健康の危険性

について紹介します。

慢性炎症を発生させ
老化を進行させる

終末糖化産物AGEsですが、

では、どうやったら

調理の際に生み出される
AGEsを減らす事が
できるのでしょうか?

食品中に含まれる
ブドウ糖の濃度が
10%の場合

AGEsを生み出す
メイラード反応は
80度で五倍に、

130度では25倍に
増加すると言われています。

今後のテーマで紹介する、

「AGEs含有量の少ない食品」

を選ぶ事も重要ですが、

それよりも食品を
直火焼き、フライなど

高温調理をする方が
ずっと危険なのです。

健康被害をできるだけなくすために
高温調理を避けること、

或は高温加工された加工品、
プレンチフライなどを避ける事

この辺りを心がけましょう。

スポンサーリンク

AGEsを減らす方法

AGEsを減らす
調理方法としては

1.煮込む
2.茹でる
3.蒸す
4.低温でゆっくり焼く、あぶる

という4つを
心がけてください。

とにかく、高温での
調理は避けてください。

刺身やサラダなどの
生ものであれば、

AGEsの発生を気に留める
必要はありませんが、

生ものを食べる場合、

バクテリアなどの感染の
可能性があります。

だからこそ、

抗菌作用の強いわさび、
シソなどを一緒に摂取し、

感染症を予防すると良いでしょう。

また、レモンなど
ビタミンCを豊富に含む

果実や野菜であれば、

AGEsの酸化促進作用を
ブロックしてくれます。

調理後の肉、魚などに
レモン果汁を振りかければ、

AGEsの悪影響を
減らすことが出来ます。

こうした工夫をする事で
老化と病気の原因となる
AGEsを減らす方法となるのです。

フレンチフライの健康の危険性

また、もう一つ
知って欲しいのが、

炭水化物(特にでんぷん質)を
多く含む植物を

120度以上の高温で
熱すると、

AGEsのひとつで、

発がん性の高い

「アクリルアマイド」

が生み出されると言う点です。

ポテトチップスや
フレンチフライには、

このアクリルアマイドが
多量に含まれている事が
分かっています。

現代人が好きな
フレンチフライですが、

やはり健康を守るためには
ファーストフードを避けたり、

加工食品はなるべく
避けたいものです。

ちなみに

アメリカ政府は水道中の
アクリルアマイド量に
規制値を設けていますが、

フレンチフライに含まれる量
(水道水と同重量当たり)は
規制値の500倍にもなります。

高温調理の健康の危険性

こうしたアクリルアマイドが
生み出されるのは、

イモ類などのでんぷん質
に含まれる

アスパラギン酸が
(アミノ酸の一種)

高温加熱する事で
糖と結びつき

メイラード反応を
起こすためです。

アクリルアマイドは、

タンパク質の豊富な
食品は加熱してもあまり
発生しませんが、

でんぷん質の多い炭水化物では
大量に発生してしまうのです。

だからこそジャガイモを
揚げるという事はNGとなります。

フレンチフライや
ポテトチップスは

老化を促進するおやつと
心がけた方が良いでしょう。

また、でんぷん質に限らず、

調理時間が長くなれば
なるほど多量に発生する事も
分かっています。

先ほどの4つの
調理方法を守りつつ、

あまり長時間加熱しない
ことを心がけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。