パレオダイエットの簡単なやり方、炭水化物、タンパク質のルール


今回のテーマは、

パレオダイエットの簡単なやり方、
炭水化物、タンパク質のルール

について紹介します。

これまで、

パレオダイエット
狩猟採集型ダイエット

の基本ルールについて
お伝えしてきましたが、

ではまず何から
始めたら良いのか?

簡単なやり方について
ここでは紹介します。

…最初の一歩として
オススメしたいのは

「パンをご飯に変え、
魚介類、肉類を増やす」

という事です。

炭水化物、タンパク質の
ルールをまずシフトして行きましょう。

パン食については、

そのほとんどが精製した
小麦を原料にしている事から、

粒食のご飯以上に
血糖値が急上昇するリスクが
ありますが、

それ以上に問題となるのは
前にも紹介したリーキーガット
による慢性炎症です。

パン食は慢性炎症を引き起こす
最たる食習慣であると考え、

健康な人であれば、

「ナチュラルパレオ」レベル
のやり方であれば、

つまり1週間(21食)
のうち5食程度、

あくまでも楽しみとして
食べる程度にしましょう。

これに対し、

アスリートやダイエットを
したい人の場合、

「フィットネスパレオ」レベル
のやり方であれば、

つまりパンは週に
3回程度が原則です。

例えば、

激しい運動の直後の
エネルギー補給として
炭水化物を活用しましょう。

スポンサーリンク

パレオダイエットの炭水化物のルール

同じ炭水化物の主食でも、

パンよりも白米の方が
良質のタンパク質が多く、

リーキーガットを
起こす成分がありません。

白米は動物性タンパク質、
野菜、フルーツと組み合わせる事で、

血糖値を急激にあげてしまう
リスクを最小限に
抑える事が可能です。

パンが主食の人は

まず白米に変える事から
始めましょう。

もちろん、なにか
病気を抱えている人は

「メディカルパレオ」レベル

に該当しますから、

パン食はもちろん
白米も禁止です。

また、玄米のような
精製していない穀類については、

リーキーガットを引き起こす
リスクが非常に高く、

栄養吸収が阻害され
やすくなります。

玄米食の人は
白米に切り替えた方が良いでしょう。

パレオダイエットのタンパク質のルール

こうしたパンからご飯
への切り替えと同時に
心がけたいのが、

魚介類や肉類の摂取量を
増やすという事です。

最近では、

ベジタリアン、マクロビオティク
などが喧伝され、

動物性タンパク質を
毛嫌いする人が増えていますが、

私たち人類の遺伝子が
植物性の物だけを
食べる事に適応できていません。

病気を改善し、
健康な体を保つ為にも、

動物性タンパク質は
何らかの形で摂取して行きましょう。

そのポイントとして

なるべく

「人類から遠い種を食べる」

事を心がけてください。

魚であればクジラより
イワシ、サバのような小魚

家畜肉であれば
牛、馬より豚、鶏の肉
を選ぶと良いでしょう。

パレオダイエットの簡単なやり方として
これを覚えておいてください。

パレオダイエットで避けたい食材

また、ベーコン、ホットドック、
サラミ、ソーセージなどの

加工肉(人工肉)、
乳製品を避ける事も

重要なポイントです。

これらの加工肉の80%は
脂肪分ですから、

そもそも良質なタンパク質とは
言えません。

また、硝酸塩や穀物、
異性化糖などの

保存料が含まれるほか、

塩分量もかなりの物です。

これに加え、魚に関しては
大型の魚ほど海洋汚染の影響を
受けています。

水銀や石油由来の毒性化学物質が
濃縮されていますから、

前にも言った通り

小魚やEPA、DHAといった
オメガ3脂肪酸を豊富に含む
脂の乗ったサバ、ニシンなどの
青魚を選ぶと良いでしょう。

肉や魚の缶詰、塩漬け、燻製などは

そのほとんどが添加物だらけですから、
摂取は極力避けるようにしてください。

パレオダイエットの簡単なやり方

いきなり厳しいルールを
自分に課すのは

正しい方法とは言えません。

少しずつ楽しみながら
やり方を工夫して行ってください。

こうした食事の改善が
実践できるようになったら、

野菜や果物についても
徐々に目を向けて行きましょう。

食事の選び方は前回紹介しましたが、

これに加えて大切なのは
野菜については

1.でんぷん質の物
(ジャガイモなど)

2.レクチン、サポニンなどの
リーキーガットを起こす成分を含んだ物
(豆類、ナスカの食べ物、ジャガイモなど)

果物については

3.糖度の高いもの
(ブドウ、マンゴー、バナナ)

をなるべく避ける事がポイントです。

こうしたポイントを参考にして
良質の食材選びを心がけましょう。

そしてパレオダイエットの
効果を実感して行ってみて欲しいのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。