unnamed

ライフスタイルの革命にみる食生活の変化と健康と病気の関係


今回のテーマは、

ライフスタイルの革命にみる
食生活の変化と健康と病気の関係

について紹介します。

リーキーガット→慢性炎症

という流れによる

現代社会に慢性疾患が
増大している背景として、

過去3回に渡って起こった
ライフスタイルの革命が

重層的に影響していると
考えられています。

過去に起こった三つの
ライフスタイル革命は

以下の通りです。

1.第一次革命:

約1年前の農耕、家畜革命

2.第二次革命:

約300年前の近代化革命

3.第三次革命:

第二次世界大戦以降の
現代社会加工食革命

まず理解すべきなのは、

全ての生物の身体活動、睡眠、
日光浴、食事内容などは

遺伝的に決められている
と言う点です。

人間のほとんどの遺伝子は、

アフリカにいた旧石器時代
(約250万年前)から

農耕革命が起こる1万1千年前
までに形作られています。

その証拠に、

人類学及び遺伝子研究で
現存する

ヨーロッパ、アジア、オセアニア、

そしてアメリカ大陸の人類は
全て共通のアフリカの先祖由来
である事が分かっています。

スポンサーリンク

農耕革命による食生活の変化

これは、

非アフリカ系の人種間の方が
アフリカに住む人種よりも

遺伝子的なバリエーションが
少ない事からも裏付けられています。

これに加え、

農耕時代以降に人類の
遺伝子に大きな影響を与えたのは、

睡眠、運動、或は食事の
変化と言ったものではなく、

病原微生物、致死的疾患や
厳しい自然環境などでした。

その唯一の例外と言えるのは、

北西ヨーロッパと
サハラ以南のアフリカに広がった

乳糖分解酵素に関する
遺伝子(LCTジーン)でしょう。

こうした遺伝子の
突然変異によって

リーキーガットの原因となる
乳製品を摂取できる人々が
現れるようになりました。

食生活の変化と健康と病気の関係

ただ、この変化が
寿命を延ばしたり、

慢性病に対する耐性を
獲得したりする事に

つながった訳ではありません。

そうした酵素が働くようになる事が
生存のチャンスを増やし、

子孫を残すのに有利であったと言う

ごく単純な理由による
面が大きかったからです。

文明の進化により、

人類も同時に

少しずつ健康になり
長寿になり、若さを保つ…

という訳ではなく、

文明の変化とともに
病気の質も変化します。

事実、こうした繁殖に
有利な遺伝子の突然変異が、

繁殖期の終わった人体に
悪影響を及ぼす事が
往々にして起こっています。

これは、繁殖と健康、寿命の

「トレードオフ」

と呼ばれています。

ライフスタイルの革命は急激に環境を変える

ともあれ、

約一年前に農耕革命
によってもたらされた

ライフスタイルの変化は、

250万年という人類の
遺伝子が形作られた期間に比べると

たったの0.5%に過ぎません。

約300年前の産業革命に
よってもたらされた

ライフスタイルの変化に至っては
0.009%

そして約100年前に
出現した現代社会は

0.005%の
期間しか経っていません。

短期間にライフスタイルが
変わった事に

人体はついていけず、

その変化により

人類の健康と病気にも
変化を及ぼすようになります。

農耕革命以降、

人類史の0.5%で起こった
重大なエポックが、

穀物、豆類の生産と
家畜化による乳製品の摂取です。

これがライフスタイルの
第一次革命です。

ライフスタイルの革命で起きる病気の変化

穀物、豆類、家畜の乳が

人類(現代人)の主食に
なってからほとんど時間が
経過していない事もあり、

この食事内容の変化にまだ
私たちの遺伝子は適応できていません。

現に、穀物、豆類、ミルク
に含まれる毒性物質によって

様々な健康障害、寿命、
体格の短縮が起こっています。

餓死や動物に襲われるなどの
事故は少なくなったもの、

慢性炎症による病気に
人類は悩まされる事になったのです。

また18世紀に北西ヨーロッパで
勃興した産業革命によって

それまでの狩猟採集型の
ノマド的ライフスタイルが

農耕社会の定住型、村落形成型の
ライフスタイルに移行しました。

その結果、

都市に人口が集中し、

人口密度に伴う感染性の
集団発生も新たに出現し、

交通機関の発達で遠隔の
人々の交流が盛んになった事が
これに加わり、

より大規模な感染性が
現れるようになったのです。

では次回は、ライフスタイルの革命が
現代社会にも通じる健康と病気の関係

について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。