unnamed

腸と慢性炎症、有害物質4つの侵入経路、リーキーガットとは?


今回のテーマは、

腸と慢性炎症、有害物質4つの
侵入経路、リーキーガットとは?

について紹介します。

健康を目指す上で
どうしても考えなければならない点。

腸と食べ物の
関係についてですが、

まず考えたいのが

慢性炎症のトリガーとなる
有害物質などの環境因子は、

体内にどういう経路で
侵入してくるか

と言う点です。

この侵入経路としては、

1.皮膚
2.呼吸器(気管支、肺)
3.性器
4.消化器(腸)

の4つがあげられます。

1.の皮膚については、

傷口から、

或は石油化学製品によって
皮膚表面の有用微生物叢が
死滅する事によって

病原微生物が侵入してきます。

2.の気管支、肺などの
呼吸器には、

呼吸の際に流入する
大気汚染物質、

ウィルスあるいは
バクテリアが侵入してきます。

3.の性器ですが、

性交などによって
病原微生物が侵入する事があります。

この1〜3以上に重要なのが、

4.の消化器、

つまり腸の粘膜を通る
経路です。

私たちが毎日食事を
摂取する中で、

消化器である腸は膨大な数の異物

つまり抗原にさらされるからです。

有害物質4つの侵入経路

腸管に集結している白血球は

異物を排除する

「抗原抗体反応」

を担っていますが、

こうした免疫反応は、

ある一定の大きさの
タンパク質構造を持った異物
(抗原)を対象としています。

そのような大きさの分子を持った
異物、抗原が入ってくるのは、

先ほどの4つの侵入口のうち

圧倒的に食事を通して
しかありません。

そもそも、私たちの
免疫系の85%は腸管にあるのです。

したがって、慢性炎症も
腸を通じて起こるケースが
とても多いのです。

通常、腸粘膜は
しっかりとバリアを形成して、

バクテリア、未消化の
巨大タンパク質などの
異物を通過させないようにしています。

しかし、腸内の微生物叢の変化や、

ある特定の物質の影響で
腸の粘膜から血液中に

高分子のタンパク質が
入り込んでしまう事で、

腸が「穴の開いた」
状態になる事があります。

これをリーキーガットと呼び、

つまりリーキーガットとは

腸(ガット)の粘膜の間から
物質が漏れ出す(リークする)

Lealy Gut

ということです。

実に恐ろしいリーキーガットとは?

米国メリーランド州
セリアック病研究センターの

アレッシオ・ファサーノ教授は、

自己免疫疾患などの
慢性炎症の原因として

「環境因子、遺伝的体質
そしてリーキーガット」

を挙げています。

そして、慢性炎症の
最初のトリガーとなるのは

このうちの

「リーキーガット」

である事を多数の研究で
示してきました。

腸の粘膜にはバリアがあり、

簡単に異物が通り抜けて
血液中に入る事は出来ませんが、

一度腸のバリアが破られてしまうと

バクテリア、ウイルスなど
腸の粘膜表面にある

タンパク質の異物(=抗原)
が血液中に入ってしまいます。

これは

「内毒血症」(エンドドキスィーミア)

と呼ばれ、

血液中にバクテリア
(グラム陰性菌)

の細胞由来の「リポ多糖体」(LPS)
が侵入してくる事が分かっています。

このリポ多糖体は、

腸の粘膜のバリアを
すり抜けて血液中に入ると、

すぐに白血球(単核球、マクロファージ)
に取り込まれます。

そして、白血球の受容体
(TLR4)に結合子、

NF-カッパーBの活性化を
通じて炎症をオンにする遺伝子を
活性化させます。

その結果、サイトカイン、
ケモカイン、細胞接着因子、
抗アボトーシスタンパクなど

様々な炎症性物質が産生されます。

つまり、リポ多糖体によって
内毒素血症があるような状態が続くと、

こうした炎症性物質が
血液中を駆け巡る事になり、

全身に慢性炎症が起こります。

この慢性炎症は、
動脈硬化を引き起こし

インシュリン抵抗性を低下
させるなど、

様々な慢性病をもたらします。

腸と慢性炎症とリーキーガットの関係

また、バクテリアやウィルス
のタンパク質だけでなく、

食事中のタンパク質も、

消化を免れて腸の穴から
血液に入り、

慢性炎症の原因となる
異物(抗原)として

認識される事があります。

とりわけ、小麦、大麦、
ライ麦に含まれる

タンパク質「グルテン」
(正確にはグルテン中の
グライアディン)は、

関節リウマチ、多発性硬化症、
シェーグレン症候群、

を始めとする様々な慢性病を
引き起こす原因物質として
特定されています。

今後詳しく話しますが、

穀類をとるということ自体が、

実はリーキーガットの
引き金にもなっているのです。

また健康な人であっても
リーキーガットの度合いが高まるほど、

内臓脂肪、肝臓脂肪の
蓄積が大きくなる事から、

メタボリックシンドロームの
リスクが高まり、

肥満傾向になる事が
報告されています。

他にもリーキガットによって
起こる腸粘膜の障害で、

リンパ腫のようなガンが
発生する事も分かっています。

腸の粘膜には強力に
ガンの発生を抑える

グアニルサイクレースC
(GC−C)という
ホルモンの受容体があります。

リーキガットでこのGC−Cが
なくなると

腸から発がん物質が
無制限に吸収され

腸、肝臓、肺、リンパ組織に

ガンが発生させる事になるのです。

以上の事から分かるように、
リーキーガットとは恐ろしい
問題と言えるのです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。