放射線耐性に強い菌、微生物、人は感染や化学毒性にも強い 

放射線耐性に強い菌、微生物、人は感染や化学毒性にも強い
今回のテーマは

放射線耐性に強い菌、微生物、
人は感染や化学毒性にも強い 

について紹介します。

ここで、慢性炎症によって
増幅されるフリーラジカルを
防御するあるバクテリアの

興味深い働きを紹介しましょう。

それは、

デイノコッカス属の

「デイノコッカス・ラディオデュランス」

と呼ばれるバクテリアで

「放射能に最も強い微生物」

としてギネスブックに
認定されている事でも知られています。

デイノコッカス・ラディオデュランス
が発見されたのは、

1956年、オレゴン農業試験場
だったと言われています。

当時、食品保存の研究
の為に牛肉の缶詰に

ガンマ線を照射して
滅菌する実験が行われいましたが、

その缶詰を保存していた所、

腐って膨らんでしまった
いくつかの缶の中から

強い放射線に耐えるバクテリア
デイノコッカス・ラディオデュランス

が単離されたのです。

スポンサーリンク

放射線耐性に強い菌、微生物の発見

例えば、

人は10グレイ(Gy)の放射線で

大腸菌は60グレイの
放射線で死んでしまいますが、

デイノコッカス・ラディオデュランス
は5000グレイを浴びても死滅せず、

1万5000グレイでも
37%は生き残ります。

実は、この
デイノコッカス・ラディオデュランス
よりも放射線耐性のある

バクテリアも発見されています。

この「NRC-1」という
ハロバクテリウム属の
バクテリアは、

約1万8000グレイもの
放射線に耐える事が出来ます。

地球上の微生物はまだ
数%しか分かっていないと
言われていますから、

これからもさらに
放射線耐性のある微生物が
発見されるでしょう。

放射線耐性に強い菌、微生物の特徴

こうした放射線耐性菌に
注目するのは、

高温、低温、乾燥、低圧力、
酸などの複数の極限環境でも

生き延びる事が出来るからです。

先ほど紹介した
デイノコッカス・ラディオデュランス

についても

その遺伝子配列を調べた所、

ある種の高熱にも耐えられる
超好熱菌に非常に似通っている事が
分かりました。

つまり、もともと持っていた
熱ヘの耐性を放射線耐性に
改造した事が示唆されるのです。

この放射線耐性は

その他の乾燥、感染、
重金属汚染などの

カクテル効果から身を守る事にも
役に立っています。

もともと原始地球では、

紫外線などの宇宙放射線が
燦々と降り注いだため、

そこで生存するバクテリアは
放射線耐性を持っています。

その後に地球上に大量発生した
酸素による毒性に対応できたのは、

放射性耐性を持つ
遺伝子の応用に他ならなかった訳です。

放射線耐性に強い人は感染や化学毒性にも強い 

実は、人の場合でも

放射線によって
活性化された遺伝子が

酸素中毒や感染、重金属中毒から

体を保護する場合がある
事が分かっています。

これが

「低放射線であれば
体に好影響をもたらす」

という

「ホルミシス効果」

の根拠の一つになっています。

放射線には閾値がなく、

個人の耐性
(健全なミトコンドリアのストック)

にも幅があるため
一般化できる理論ではありませんが

このような現象は多様な
要因によるカクテル効果が

「酸化ストレス」

という共通の分子機構で
作用を及ぼし、

それを防御する機構(ストレス応答)
も分子レベルでは同じである事を
示唆しているでしょう。

分かりやすく説明すると、

放射線に強い人は
感染、化学毒性や酸素毒性にも
強いという事です。

またその逆も言えます。

このことから、

まだ健全なミトコンドリアが
たくさんある余裕のあるうちに

生活習慣を改善し、

毒性に対する耐性を
身につけておく事が健康に
有利に働くと考えられます。

ここに食事がどう関与してくるか?

腸(消化)と食べ物の
関係を元に次回から
探っていく事にしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。