痩せ型より肥満型よりちょいデブの方が健康で長生きできる


今回のテーマは、

痩せ型より肥満型よりちょい
デブの方が健康で長生きできる

について紹介します。

世は空前のダイエットブームですが、

すらりとした痩せ型体型に
憧れる人もいるでしょう。

痩せ型より肥満型より
ちょいデブの方が長生きできる
と言う興味深いデータがあります。

「最近お腹が出てきた、」
「なかなか痩せられない…」

そんな悩みを良く耳にしますが、

あなたも自分の体重や
お腹のたるみなどが気になって
いるかもしれません。

「肥満=身体に悪い=不健康」

と言うイメージが余りにも強すぎて、

テレビ番組でも毎日
ダイエット特集が組まれ、

日本国民のほとんどが
ダイエットへの強迫観念を抱えている…

と言う状況でうすが、

肥満=身体に悪いとは
必ずしも言えないのです。

むしろダイエットなどで
過度に痩せることの方が弊害がある
といっても過言ではないのです。

長生きと体型の興味深い
関係について今回は見ていきましょう。

スポンサーリンク

ちょいデブ型体型の健康と病気、寿命の関係

アメリカの疾病予防センター(CDC)
国立衛生統計センター(NCHS)は、

世界各地の97研究・288万人の
調査分析を行うことで、

「肥満度1にあたるBMI25~30の人は
普通体重と比べて全死亡リスクが6%低下する」

と言う意外な結果を報告しています。

そうです。

「ちょいデブ体型が最も長生き」

と言う統計が確認されたのです。

このデータは、ダイエットで苦しむ人たちの
脳天を直撃するようなデータです。

肥満度の指数となるBMI(ボディマス指数)では

30以上を肥満と定義し

これをさらに

30~35未満をグレード1の肥満、
35~40をグレード2の肥満、
40以上をグレード3の肥満

として分類しています。

心不全、糖尿病や末期腎不全の
患者さんの場合、

肥満がその疾患発症の危険因子と
なると言われていますが、

実際にその疾病を発病した
患者さんにおいては

肥満者の方が正常体重者よりも
予後が良い、

つまり死亡リスクが少ないのです。

これを「肥満パラドックス」と言います。

痩せ型の食事は不健康?

さらにいずれの研究結果でも

「太る過ぎよりも
痩せ過ぎの方が危険」

と言う結果が出ています。

マクロビオティック、菜食主義、
糖質制限などを

ストイックに実践して
痩せこけてがりがりに痩せる人を
たまに見かけますが、

こうした人は食事を改善し、
度が過ぎて頑張ってしまい、

痩せることでかえって
不健康になってしまったと言えます。

もちろん個人差はあり
これはあくまでも主観ですが、

あまりにがりがりに痩せた女性より
ふっくらと肉付いた女性の方が
健康的で美しく感じますし、

ガリガリの男性よりも
ちょっと肉付きいい男性の方が、

仕事ができそうで信頼できる
イメージがあります。

しかし、なぜここで
痩せ型の人の全死亡リスクは高まるのでしょうか?

痩せ型りちょいデブの方が
なぜ長生きできるのでしょうか?

一般的には

「肥満者の方が最適な医療を
受けている見込みが高い」

「脂肪の増加による心保護的な
代謝作用がある」

と言った理由が挙げられていますが、

ここにいくつか疑問があります。

私がこれまで相談に乗った
人を見ている限り、

筋肉、骨、皮下脂肪が
ある程度しっかりしていることが

健康の証であると感じます。

痩せ型より肥満型よりちょいデブが健康

もちとん、食習慣が悪いと
様々な慢性病、生活習慣病を
発症させるリスクは増えます。

そのような人は筋肉、骨、
皮下脂肪の重量は低下するか、
(つまり痩せ型になる)

体重が増えて肥満型になるか、

いずれかの傾向を辿ります。

このうち脂肪リスクが
最も高いのが前者(痩せ型)
なのですが、

もちろん肥満型もあらゆる慢性病の
温床になり、

これはこれで死亡リスクは高まります。

つまり、どちらにも属さない
ちょいデブ体型が結果的に一番健康になり
長生きになる訳です。

このような結果が出た以上、

BMIと言う指標そのものの意義を
再検討する必要があるでしょう。

現状ではBMI25~30の
ちょいデブを標準体重と考え

体重減少があまりに進むような
食事療法は続けない方が良いでしょう。

もちろん、痩せたい一心で
無闇に食事を抜いたりする

過度なダイエットが危険なのも
言うまでもありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。