興奮、快、不快から分化する幼児、赤ちゃんの感情の発達と成長

興奮、快、不快から分化する幼児、赤ちゃんの感情の発達と成長
今回のテーマは、

興奮、快、不快から分化する
幼児、赤ちゃんの感情の発達と成長

について紹介します。

赤ちゃんをあやすと
手足をバタバタさせて全身で
その喜びを表現してくれます。

この表現も実は赤ちゃんの
感情表現の一つなのです。

幼児、子供の感情発達を
初めて本格的に研究した
ブリッジスは、

以下のような発達過程を提起しています。

幼児の感情の分化

Excitement…興奮
Delight…快
Disitress…不快
Anger…怒り
Disgust…嫌悪
Fear…恐れ
Elation…得意
Affection …愛
For children…対児童
For adult…対成人
Joy…喜び
Jealousy…嫉妬

生まれたときは興奮状態が中心で
その後、快、不快、興奮に分かれ、

2歳ぐらいまで色々な
感情が育っていくと彼は考えていました。

スポンサーリンク

年齢を経て獲得していく赤ちゃんの感情の発達

しかし、ブリッジズの研究は
1932年というかなり昔のものです。

現在では、新生児の
新しい研究が進むにつれ、

ブリッジズが指摘していたよりも
かなり早い、

生後6~8ヶ月までには
基本的な感情が全て出そろうと
考えられるようになっています。

ルイスという学者は

乳児の感情発達について
新しい説明をしています。

赤ちゃんの感情の成長

乳児には、苦痛、興味、満足
という3つの感情が見られます。

例えば、

苦痛という感情は

主に生理的不快(空腹、眠気)
と結びついており、

赤ちゃんは泣く事によって
その感情を表現します。

生後二ヶ月くらいになると
悲しそうな表情もするようになるのです。

悲しみや嫌悪感より少し遅れて
怒りの感情が芽生えてきます。

幼児の恐れの感情の成長は、

人見知りが激しくなる
6~7ヶ月ごろになると
出現する感情で、

養育者との愛着関係が
形成され始めた一つの
表れだと言えます。

赤ちゃんの感情の発達の土台は親子の愛情

それに対し、快の感情も
かなり早い段階から出現します。

乳児が快と感じる事の始まりは

おっぱいをいっぱいいっぱい飲み
生理的な欲求が満たされた
という満足感を得たときですが、

その情緒の現れは、
寝ているときなどの微笑みに
表現されています。

こうした微笑みは生理的な
状態を反映している事が多いので
生理的微笑みと呼ばれています。

しかし幼児も3ヶ月頃になると
喜びを場面に応じて表現する
社会的微笑みの段階になります。

この頃から、あやしかけに
対して目が笑って微笑む事が
出来るようになり

また見慣れた人(多くの場合は親)
を選択し

その人に特に微笑むようになります。

4ヶ月頃になれば、

声を立てて、大きな口を開けて
クックックと笑う事も出来ます。

赤ちゃんの微笑みは自分の
方から働きかけを示す

コミュニケーションの
始まりだと言えます。

このように基本的な感情
(喜び、悲しみ、嫌悪、怒り、恐れ、驚き)

は6ヶ月頃までに
ほぼ成長し発達していきます。

この発達を促すためには
赤ちゃんの認知能力の発達や

親子の愛着関係の発達が
上手く進んでいる事が大切です。

興奮、快、不快から分化する赤ちゃんの感情

1歳の後半くらいになると

照れ、共感、羨望…といった
新しい感情が出現してきます。

2歳半から3歳にかけて
誇り、恥、罪悪感と言った
感情が見られるようになってきます。

善悪の判断が育ってくるのと同時に

「いけない事をしてしまって悪かった」

といった気持ちが生まれてくるのです。

「うれしいなあ」とか「悲しいなあ」

と、自分の気持ちを
意識できるようになるには
自己の発達が必要になります。

この時期に、大人は子供の示す
感情を読み取り、

その感情に名前を付けて
フィードバックしてあげる事が大切です。

「おもちゃをとられて悲しかったんだね」
「一人でトイレに行けて偉いね」

と言った励ましが、
子供の感情を育てていくのです。

こうして興奮、快、不快から分化して
赤ちゃんの感情は発達していきます。

知能の発達よりむしろ感情の発達、

心の知能指数(EQ)がこれからの
社会では大切になっていきます。

適切な感情の発達はそういう意味でも
とても重要な事なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。