子供の欲望を抑える事と満たす事の違い、賢い欲張り方の心理

子供の欲望を抑える事と満たす事の違い、賢い欲張り方の心理
今回のテーマは、

子供の欲望を抑える事と満たす
事の違い、賢い欲張り方の心理

について紹介します。

近頃の子供は我慢を知らない、

だから、自分の感情を
コントロールする事が出来ない
子供が増えたのだという事を

しきりに言う人がいます。

それは、次のような心理実験
からも明らかであると言います。

4歳の子供の前に
二つのお菓子をおいて

お母さんが帰ってくるまで
我慢できたらお菓子を二つあげよう

もし我慢できなかったら
一つだけ食べても良いよと言って
お母さんは出掛けます。

すると、ほとんどの子供は
我慢できずに食べてしまったと言います。

そして、我慢できた子供は
大人になってからも自分の感情を
コントロールできるような人間になり、

成績も良かったというのです。

つまり、子供が欲望を抑える事が
出来るほどいい子、出来る事言う理屈です。

スポンサーリンク

子供の欲望を抑える事と満たす事の違い

しかし、このような
問題の立て方はおかしいと思います。

我慢できる子供がいい子で
我慢できない子供は

劣った子供であると言います。

一方的な枠組みの中の
実験でしかないからです。

「食べちゃおうかな」
「食べるのはよそうかな」

という葛藤の中で数時間過ごさなければ
ならなかった子供の辛さを
想像してみてください。

お預けを食った犬の
ようではありませんか。

アドラー心理学を知っている親ならば、

このようなやり方ではなく、

留守番が出来て、
洗濯物をお父さんのもの
お母さんのもの、自分のものに

分けておいてくれたら、
二つお菓子をあげよう、

しておいてくれなかったら
お菓子は一つだけだなという言い方をします。

欲望を抑えるのではなく
別のものに転嫁させて満たすのです。

子供の欲望を抑える事の心理的弊害

「うちの子は欲張りで困る…」

という悩みをよく聞きますが、

先ほどお菓子の例であげた

この二つは似ているようで、
実は全く違います。

たとえ対象が何であれ、
我慢するという事は、

人間が本来持っている欲望を
抑える事ですから、

積極性を失わせる事になります。

欲望はモチベーションになり
行動のガソリンになります。

欲望は基本的に抑えなければ
いけないものではありません。

大事な事は、間違った方向に
行きがちな欲望を、

良い方向に向けてやる事なのです。

ですから、欲望を抑えて
ひたすら我慢しなさいという
前者の実験と、

後者のように、家族の役に
立てたら欲望が満たされると言う
やり方とは全く違うと言って良いでしょう。

子供に教えたい賢い欲張り方

教えなければ行けないのは
持っても良いけれど全ての欲望が
満たされる訳ではない、

従って結果として我慢しなければ
ならない事もあるという事なのです。

ですから、例えば、

おもちゃが欲しいという欲求を
持つ事は良い、

我慢しなくても良い、

けれども、買ってやれないよといって、

結果として断念させるという事になります。

そこで、そんなおもちゃはいらないとか、

我慢が大切だとか、
我慢しないと良い大人になれない

とい説教は、

百害あって一利無し
といっても良いくらい無駄な事です。

欲望は必ず満たされるとは限らない、

中学時代

「将来絶対に金持ちになってやる」

と言っていた友達がいたのですが、

理由はただ一つ、

美人の奥さんが欲しいからだったのです。

彼は続けて、

「野球選手を見てみろ、
自分は冴えない顔をしてハンサム
でもなんでもないのに、

奥さんはみんな美人だ。

あれは、金があるからに違いない」

と言っていました。

結果として、彼はその欲求を
満たす事は出来ませんでした。

しかし、そのような、
一見馬鹿げた欲求を持った事が

彼の生活に張りを持たせた事も事実です。

手に入るとは限らないけれど、

持ってはいけない、
抑えなければ行けない欲望
なんて何一つありません。

結果として抑える事になる
というだけの事なのです。

ただ、欲求を抑える必要はありませんが、

親は子供に断念させると
決めたらそれをあくまで
通さなければ行けません。

ごねられたり、
暴れられたりすると

買ってやってしまう親がよくいますが、

そうすると子供は「ごね得」
という事を覚えます。

ですから諦めさせるときは

理屈抜きでダメだ、

自分はお金を払わないと言えば良いのです。

欲望が悪いと言う思い込みは捨てましょう。

子供の欲望を抑える事と満たす事の違いを知り
賢い欲張り方を知る事が大切なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。