自己評価は大切だが自信と謙虚、自信過剰のバランスを取る

自己評価は大切だが自信と謙虚、自信過剰のバランスを取る
今回のテーマは、

自己評価は大切だが自信と謙虚、
自信過剰のバランスを取る

について紹介します。

例えばこんな事があったとしましょう。

会社の同僚がプライベートな
問題で重大な悩みを抱えている時、

自分が機転を利かせ
その悩みの上手い解決策を
考えて教えてあげ、

救ってあげたとします。

いわば自分の賢さが
人の役に立った訳です。

そしてその評判が他の人に伝わり、

いち早く賞賛の声を聞くようになりました。

他の同僚などは

面と向かって褒めてくれます。

解決策を考えてあげたのは

別に他意はなく
純粋にその人を救ってあげたい
という心からだったので、

少々照れくさい感じなのですが、
それでもまあ悪い気はしません。

心理的に、

その結果はセルフ・エスティーム(自己評価)
において大きなプラスとなり、
自信につながりました。

何しろこのところ
会社の自分の仕事がうまく行かなくて
少々落ち込み気味だったからです。

確かに自己評価は大切ですが、
ただ自信をつければ言い訳ではないのです。

スポンサーリンク

自信、自信過剰のバランスを取ろう

それからまた少し経って

今度は同じ部内の仕事で
みんなに共通して関係のある
大きな問題が起こりました。

みんなで解決の方法を考えましたが、

なかなか決め手がありません。

そんなとき、またフッと
いいアイデアが思い浮かび

それを提案した所、
ベストの案だという事で
採用される事になりました。

結果は上々で問題は一挙に解決、

またまた自分の株が上がってしまったのです。

ところが、
それからというもの

何か人の悩み事とか
仕事上の問題とかが、

気になって仕方ありません。

何かあったら自分に
相談してくれないか、、などと

考えるようになりました。

あるいは自分の仕事も
なにかもっとうまく、
賢くやれるのではないかと

気になるようになりました。

いささか精神的な疲労感さえ
感じ始めています。

一度や二度うまくいって、
自信がついた事はいいですが、

謙虚さを忘れ自信過剰になれば、

ストレスを生んだり、
人間関係に軋轢を生みます。

バランスの良い自己評価こそ大切なのです。

正当な自己評価こそが大切

もしこんなことになったら、
知らず知らずのうちに

自分で賢がっているのです。

自己評価において自信を
深めるのはいいのですが、

謙虚さを忘れればただの
自信過剰になってしまっています。

いつも賢くあろうという人は、

言ってみれば皇居の賢所(かしこどころ)
の人になってしまうようなものです。

そこは、日本国民が
象徴的な価値の再行為にあるもの
としてイメージする所で

速い話しが無理だという事です。

無理な事ですし、
そんな事には意味がありません。

以上はあくまでも仮定の話しですが、

しかし子供においては、

こうした事は往々にして
あり得る話しなのです。

何か一度自分の賢い言動によって
賞賛される経験を持つと、

だんだんいつも賢くあろうと、
自信過剰気味になってきます。

もしそんな様子が見えてきたら
親は注意しなくてはなりません。

謙虚さと自信と自信過剰のバランスを取って
初めて正当な自己評価は身に付くのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。