怒るより納得させる、約束を守らない子供に約束を守らせる方法

怒るより納得させる、約束を守らない子供に約束を守らせる方法
今回のテーマは

怒るより納得させる、約束を
守らない子供に約束を守らせる方法

について紹介します。

このサイトでは何度も
言っているのですが、

真の教育は家庭教育から
始まります。

学校でどれだけ成績優秀でも、

社会に出て役に立つのは、

家や人間関係から学んだ、

土台となる人間力であり、
知恵、賢さなのです。

さて、

「子供が約束を守らない…」

と悩むお母さんがいます。

子供が友達の所へ
遊びにいきたいというので、

「行ってもいいけど、遅くても
必ず五時には帰ってきなさい。

この前、みたいに
遅くなったらダメよ」

と約束して送り出しました。

以前にもその友達の家に遊びにいき、

帰りが約束時間を30分遅れた
事があったのです。

ところが今度も子供は
5時になっても帰らず、

6時近くになってようやく
帰ってきました。

約束を守らない子供に
お母さんはカンカンになって怒ります。

「遅くても五時に帰るって
約束したんだから、

ちゃんと帰ってこなきゃダメじゃない!

こないだもそうだったし、
どうしてあんたは約束を守れないの、

もう遊びになんか行かせません。」

…と、

確かに約束を守るというのは
非常に大切な資質です。

こう言った時に子供に約束を守らせる
方法はどんな方法でしょうか?

スポンサーリンク

約束を守らない子供に約束を守らせる方法

子供が約束を守らないときでも
怒ってしまうお母さんのやり方は

賢い方法とは言えません。

「約束は守らなければ行けない」

というのは子供でも分かり
切った話しです。

分かり切った話しをしつこく
言われても子供はそれだけで
納得できないのです。

それで遊びに行かせない、

など強制ルールを作れば、
ますます子供は反抗します。

大人でさえ

「分かっちゃいるけどやめられない」

というのはよくある話しなのですから。

こんな時、

賢いお母さんの方法は、

まずなぜ子供が約束を
守れないのかを考えます。

多分遊びに夢中になって
時間に気づかなかったのか、

あるいは気がついていても、

面白い遊びを中断できず
ついつい誘惑に負けてしまった
のかもしれません。

そしてもう一つ、

なんで五時までに
帰らなければ行けないのか、

その理由を子供自身が納得していない
という事もあるかもしれません。

納得させる事で子供に約束を守らせる

だからこそ納得させる事で

約束を守らない子供に
約束を守らせる方法をとるのです。

これにはお母さんの
賢さや想像力が必要です。

そこで子供にこのように話します。

「なんで五時までに帰らな
ければいけないか分かる?

お母さんたちは夕方になったら
夕ご飯の支度で忙しくなるでしょう。

お友達のうちにも手伝って
もらいたい事があるかもしれないし、

うちだってあなたにも手伝って
もらいたい事があるしね。

そういう時間までだらだら
遊んでいると、

お友達のお家に迷惑がかかるの。

そしてそういう子はだらしない
家で育てられたって思われちゃうよ。

こう言うのを常識っていってね。

夕ご飯の支度が始まる事まで
他人の家で遊ばせておく親は、

なんて非常識なんだって思われるの。」

親はただ怒るのでなく
子供に納得させるのです。

上から押し付けられた
意味もわからないルールに、

大人でも理不尽さを感じるでしょう。

子供も同様に納得できなければ
その約束は守りません。

こう言う社会のルールを教えてから、
具体的な解決策を考えるのです。

もし、夢中になってしまうなら、

例えば四時半になったらブザー
のなる腕時計を買ってあげようとか、

その時刻になったら
自分が電話してあげようとか、

具体的な方法を提案してやるのです。

そうすれば、まず子供はきちんと
帰ってくるようになるでしょう。

そして約束を守ることの大切さ
を学ぶことができるのです。

あくまでも子供が納得し、
自分の意志で約束を守るのでなければ、

いつまで経っても同じ事の繰り返しです。

怒るより納得させるのがポイントです。

約束を守らない子供に約束を守らせる
ために賢さをぜひ発揮してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。