サーカスの象の見えない鎖、苦手意識の思い込みを克服する方法

サーカスの象の見えない鎖、苦手意識の思い込みを克服する方法
今回のテーマは、

サーカスの象の見えない鎖、
苦手意識の思い込みを克服する方法

について紹介します。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その58

「サーカスの象に学ぶ苦手意識を克服する方法」

サーカスの象は、
小さい頃に頑丈な鎖でつながれます。

小象は鎖を引っ張って逃げようとしますが、
また小さいので鎖は切れません。

そのうち逃げられないと観念して
暴れるのをやめてしまいます。

そしてこの小象は
年月が経つうちに大人になり、

もうつながれている鎖など簡単に
キレるパワーを身につけるのですが、

ところが、象は決して
鎖を切って逃げようとしません。

象は、鎖が切れなかった
経験はしているものの、

鎖を切った経験はしていません。

象の脳内に「鎖は切れない」
という観念が植え付けられているのです。

スポンサーリンク

人間の苦手意識も
実はこのサーカスの象と同じなのです。

一度失敗したことを
「これは自分にはできないのだ」と
思いこんでしまいます。

「苦手意識」を自分で
植え付けてしまうのです。

しかし考えてみればわかるのですが、

人間も小象と同じで
日々成長しているのです。

いつまでも「これはだめだ」と思っていたら、
本当にいつまでもできるようにはならず、
そこで終わってしまいます。

そして苦手意識と言う
ネガティブな感情に負け、

ストレスに負けてしまうのです。

苦手意識を克服するのは、
それは思い込みに過ぎないと知ることです。

何度でも挑戦すれば、
少しずつでも状況は変わってきます。

そしてダメだと思っていたことが
あまりにもすんなり出来てびっくりする事もあります。

今までのコンプレックスが
突然自身に変わる事もあるのです。

だから苦手意識を克服し、
懲りずに挑戦すればいいのです。

作家の北杜夫さんは、

小説家としてデビューする前に
自費出版で小説を書いたそうです。

岩波書店に店に行った所、
編集者に

「優等生の作文でとりえがない」

と突き返されたそうです。

それを見たお母さんが、

「もう小説なんて書くのをやめなさい」

と忠告したそうですが、

北杜夫さんはあきらめなかったそうです。

良い悪いという判断は、
後になってみなければわからない
という自負があったからです。

結局その思い込み通り、
その本は別の編集者の目にとまり評価を得、

そして彼は小説家への
道を立派に歩み始めたのです。

一回くらいうまくいかないくらいで
マイナスの結論を出す必要はないのです。

そこで苦手意識を持ってしまえば、
サーカスの象のように二度とできないかもしれません。

しかし、できることをまずやって
周囲の評価が得られなくても、

自分への評価は保留しておくのです。

そして保留して置いたことを
後になってもう一度やってみるのです。

サーカスの象の見えない鎖から、
苦手意識の思い込みを克服する方法を
学ぶことができます。

そして少しずつでも
評価や結果を出して行けば、

苦手意識は克服され
どんなん事でも挑戦する
勇気も湧いてくるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。