unnamed

ベジタリアンは亜鉛、鉄分、ヨウ素などミネラル不足になる


今回のテーマは、

ベジタリアンは亜鉛、鉄分、
ヨウ素などミネラル不足になる

について紹介します。

前回まで、

ヴィーガン、ベジタリアンの食生活では、
ビタミン不足に陥ったり、

ホモシステイン濃度の問題など

実は大きな悪影響があると言う
データを紹介してきましたが、

ベジタリアンはさらに
亜鉛、鉄分、ヨウ素など
ミネラル不足になる可能性が高いです。

この話しをすると

「いいえ、そんな事はありません。
野菜にはミネラルがたっぷり含まれています。
ミネラルはむしろ豊富ですよ」

と反論を受けそうですが、

ベジタリアンやヴィーガンの
食生活と言うのは、

全粒穀物、豆科の植物
(大豆、レンズ豆、エンドウ豆、ピーナッツなど)

なしには成立しません。

そしてこれらの植物は実は、

ミネラル(亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム)
などを吸収するフィチン酸というものが
多く含まれています。

フィチン酸は以前にも紹介したのですが、

固くミネラルと結合しているため
これらの食物を摂取しても

ミネラルを取り出して吸収する事が出来ません。

ベジタリアンではミネラル不足になる理由

確かに、

ベジタリアンの食生活を見れば、

ミネラルは豊富な食材が多いです。

ただし、

実際にどれだけの栄養素を
吸収できるかを

「生体利用率」と言いますが、

ある物質にいくら豊富な
栄養素を含まれていても

私たちの身体に吸収できる形
出なければ意味がありません。

しかし、全粒穀物、豆科の植物は

ミネラルの生体利用率が
野菜や肉類に比べて著しく低いのです。

会社であっても、

売り上げが高く、年商が高い
会社は一見素晴らしく見えますが、

実は経費も同じく多ければ
実は利益は少なかったりします。

売り上げは少なくとも
利益率の多い会社の方が
本当は魅力的だったります。

本当の栄養の事を考えれば、
栄養含有量だけに注目してはいけないのです。

ベジタリアンは亜鉛不足になる

ではこうしたベジタリアンの
ミネラルの不足でどんな問題を
引き起こすのでしょうか。

まず亜鉛不足ですが、

亜鉛は細胞の健康維持や
病気への抵抗性と言う面で
必須のミネラルです。

つまり亜鉛欠乏によって
免疫系の低下、傷の治癒遅延、
糖とインシュリン代謝の障害、

そして私たちの体内の抗酸化システム
のダメージが起こります。

免疫力や自己治癒力が落ちてしまうのです。

健康を目指す食生活をして
免疫力を下げては本末転倒です。

その鍵を握るのが亜鉛です。

そのためアメリカでは
風邪を予防、改善する亜鉛の薬用シロップや

傷の治癒を促進されるための
亜鉛入りのクリームも用いられます。

実際に止まりにくい鼻血に
亜鉛クリームを患部に塗り込む事で
出血を止める事が出来ます。

そんな亜鉛がベジタリアンの
食生活では不足してしまうのです。

ベジタリアンは鉄分不足になる

次に重要なミネラルである
鉄分の欠乏によって起こる問題です。

ミネラル欠乏の中でも
鉄欠乏は世界中で最も多く見られますが、

どういった症状が起こるのでしょうか。

造血作用のあるミネラルが不足する事で

まず、私たちが日常で
感じるものに全身倦怠感があります。

逆に鉄分が十分に
補給されれば活動性が上がります。

実際に鉄欠乏の
男女のアスリートに鉄分サプリメントを
摂取してもらうと、

持久力パフォーマンスが
上がったと言う研究結果や

219人の女性兵士が
鉄分サプリメントを摂取する事で

鉄の貯蔵量が増え、
軍事訓練での持久走や
気分の向上が見られたという

研究結果が報告されています。

また妊娠中の女性が
鉄欠乏になれば

死産、早産、未熟児の出産の
危険性が高まります。

何よりも産まれてくる子供の
脳の発達に悪影響を及ぼしてしまうため

認知障害や精神機能に
支障を来しやすくなります。

鉄分は私たちの脳の発達に
必須のミネラルでもあるのです。

特に妊娠中の栄養摂取は重要で、
妊婦さんのミネラル欠乏には
気を使う必要があります。

ベジタリアンはヨウ素不足になる

またベジタリアンの食生活の
ミネラル不足の一つであるヨウ素不足によって
子供の知能発達に悪影響を与えます。

ヨウ素は肉、卵、魚介類、
海藻に多く含まれるもので、

それ以外の植物性の食べ物には
あまり含まれていません。

海草を食べないベジタリアンの
多くが深刻なヨウ素不足に陥ります。

2003年にスロバキアで
行われた15名のヴィーガン及び
31名のベジタリアンの尿中ヨウ素排泄量を
調査した研究では、

80%のヴィーガンおよび、
25%のベジタリアンにヨウ素欠乏症が
認められています。

健康に異常のない人6名を対象に
5日間だけベジタリアン(卵と乳製品は可)
の食事を行った介入試験においても

ヨウ素濃度が低下した事が
報告されています。

ヨウ素欠乏では喉の位置する
甲状腺が腫れ上がる「甲状腺腫」
と言う状態になります。

妊娠中にヨウ素欠乏になれば、
産まれてきた子供に先天性の
甲状腺機能不全による

発育障害(知能障害、小人症)
が起こります。

子供の時期に中程度のヨウ素不足であれば
IQ(知能指数)が13.5%低下する事が分かっています。

これら心身に重要なミネラルですが、

植物性食品に偏った食生活では
全体的に不足しがちなのです。

もちろんベジタリアン全員が
これらの症状を引き起こす訳ではありませんが、

誰しもがリスクがあるのも事実です。

サプリメントで補えるケースもありますが、

動物性食品とバランス良く食べた方が
大いにメリットがあるでしょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。