子供の創造力を高めるメリット、機転が利く人になる子育て方法

子供の創造力を高めるメリット、機転が利く人になる子育て方法
今回のテーマは、

子供の創造力を高めるメリット、
機転が利く人になる子育て方法

について紹介します。

何かを生み出したり、
発見するというのは、

ある種、人間にのみ与えられた
特権でもあり、役目でもある気がします。

だとすればいかに子供の創造性を
高めてあげられるかという、

観点から教育を考えることは
やはり重要ではないでしょうか。

賢さにはクリエイティブな面が
ある事は既に紹介しました。

それがよく分かるのは、

何かピンチに陥った時、
窮地に立たされた時に、

思わぬ賢さが発揮される
事が多い事からです。

こう言う時に

マニュアル人間として
決められたルールしか守れない人は、

身動きが取れなくなりがちです。

一方で何か自分で創造する事、
生み出す事が好きな人間というのは

そうした創造の虫がむくむくと
頭を持ち上げだすのでしょうか。

そして問題の突破口を
なんとか見つけることができます。

そしてもう一つ言える事が

そうした創造性は「機転」と
密接に結びついている事です。

これはどういう事かと言うと、

ものを作るという時には、

様々な小さい機転を働かせながら
作業しているのです。

スポンサーリンク

子供の創造力を高めるメリット

何かを作り出すというのは
脳を使う作業なわけです。

例えば絵を書くにしても

「あの家の屋根は実際はあんな色だけど、

こんな色にしてみたらもっと
美しく見えるのではないか。

あの木の枝はちょっと邪魔だから
省略してしまおう、、」

などとやっているのです。

作曲家にしてもそうでしょう。

「今までの流れから行けば、

普通はここで管楽器の美しい
メロディーが欲しい所だけど、

ここは思い切って強烈な打楽器で
曲にアクセントを付けよう」

と、機転を働かせているに違いありません。

何も高尚な芸術ばかりとは限りません。

毎日のお料理だって、
ものを作る事には変わりないのです。

何かの材料を買い忘れたら

それを他のもので代用するとか、
色々と機転を利かせてやっているでしょう。

これは大切なスキルなはずです。

子供の教育に関しても

テストで良い点数を取る
知識を詰め込む

というだけでなく

子供の創造力を高めることは
本当の賢さを手にする

非常に重要な事なのです。

残念ながら、テストの答案用紙
では測れない能力ですから、

学校教育ではなかなk
取り組まれないことです。

しかし子供の創造力を高める
子育てをする方が、

子供にとっても親にとっても
メリットがあるのではないでしょうか。

機転が利く人になる方法

だからピンチに立たされた時、

人が賢さを発揮するメカニズムにおいては、

創造の虫とそうした機転とが絡み合って
一緒に働くのだと思われます。

そしてそれがうまく行った時、

見ている人にある種の感銘を
与える事になります。

詳しいタイトルは忘れてしまったのですが、

昔あった子供向けアニメの
テレビ番組で、

ポリアンナという女の子が
主人公の物語がありました。

彼女は天才的に「幸せ探し」
の上手な子という特徴で、

どんな逆境に立たされ、

どんなピンチに陥ったときでも

それを

「あ、私にもこんないい
チャンスがあったんだわ」

と、プラス思考に転ずる事が
できるというキャラクターでした。

彼女の賢さは、まさに
創造性と機転が一体に
なったものだったのです。

ピンチな時というのも色々ありますが、

人が大勢集まったような場所で
何かちょっとしたハプニングが起こった時、

そんな場面で飛び出す賢さは
印象深いものです。

そしてポリアンナのように

様々な物事、事情に対して
一つの捉え方だけでなく、

色々な捉え方ができるようになる

視点を色々な角度に動かすことができる、

これは創造力を高め、
機転が利く人になる方法といえます。

機転が利く人は人生を得する

創造力を高める事、
機転が利く人になるのは
他にもメリットがあります。

それは人間関係やコミュニケーションを
円滑にすることができる能力です。

これはある週刊誌に載っていた
「市長の機転」と題するエピソードです。

山梨県で有名タレント・エッセイストを招き

生涯教育推進の記念講演会が
催された事がありました。

その一コマです。

会場は超満員で
舞台上には来賓も居並び

開演のベルが鳴りました。

女性司会者が、おもむろに
マイクに向かって言いました。

「ではまず、市長からご食事を、、」

会場の人たちは思わず「え?」

喋った本人もハッとした表情です。

会場には何とも言えない
微苦笑の渦が広がっていきました。

やおら壇上に立った市長は、

「ええ、、『食事』は差し上げられませんが、
『祝辞』を。司会者はウィットに富んで、

ヨとユの一文字違いで
会場をこんなに和ませてくれました。」

市長のちょっとした機転が

司会者も救い、またそれによって
大勢の人たちの気分も救った

というところでしょうか。

その間違えを指摘して
スピーチを始めれば、

会場の空気も悪くなり、
司会者の心も傷つけるだけでしょう。

しかしとっさのユーモアは
そこにいた全員を救ったのです。

「賢さ」がキラリと光った
瞬間のエピソードです。

結局、人に好かれる能力は
真の賢さを磨かないといけません。

子供の創造力を高めることで、
将来機転が利く人になり

成功する確率が上がります。

創造性を高める子育ては親も子供も
人生を豊かにしてくれるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。