unnamed

ヘレン・ケラーとサリバン先生に学ぶ気だての優しい人の特徴


今回のテーマは、

ヘレン・ケラーとサリバン先生に
学ぶ気だての優しい人の特徴

について紹介します。

人間関係を通じて学ぶ
ということはたくさんあります。

いくら天才的な頭脳を持っていても、
感情や思いやりが欠如していれば、

社会で成功し豊かになることは
難しいでしょう。

ここで、よく

「気だての優しい人」

とか

「気だてのいい娘」

などという言い方をします。

あまり「気だてが悪い」
という使い方はしませんが、

この「気だて」というのは
一体どういう意味でしょうか。

辞書(広辞苑)には

「心の持ち方、心立て」

とあります。

心立てを引いてみると「心ばえ」とあり、

心ばえは

「心ばせ。心のひらめき。才気」

とあります。

そして心ばせは

「心の動き。心の行き届くこと。
たしなみのあること。心の素早い働き。機転

などとあります。

まさしく私たちが生きる上で
大事になりそうな能力な気がします。

気だての優しい人の特徴

なるほど「気だて」という言葉自体に、

良い意味が含まれていました。

だから気だてが悪いなどという
使い方をしないのです。

そして心のひらめきとか、
才気とか、機転などというのは、
みな「賢さ」の要素となるものです。

学校の教科書では学べない、
テストには出ない賢さですが、

この辺りが人生で重要なのです。

従って他人から
「気だてがいい」と見られる人
というのは、

やはり賢さがあると
考えて良いでしょう。

相手に好印象を与えるだけの
賢さがあるということです。

ではどうやってこの能力を
鍛えれば良いのでしょうか?

「気だて」を単純に「性質」
の意味に考えれば、

これは生まれつきのこと
のようにも思えます。

確かにそういう所もあるでしょう。

しかし、その気だてのよさを
そのまま持って大きく成長したとすれば、

それは必ず家庭環境や育て方が
よかったのです。

たとえ親一人子一人で
育ったとしても、

その親の育て方が良かったのです。

もちろん本人の努力もあったでしょうが。

心の知能指数EQも誰もが
適切に鍛えれば伸びていく能力です。

ヘレン・ケラーとサリバンに学ぶ人間的成長

だから「気だて」は
先天的な気質よりも、

むしろ後天的に獲得された
性質によるとことが大きいと
考えた方が良いでしょう。

生まれた時は粗暴な子であっても、

粘り強い教育によって
大きく変わっていき、

気だての良い人間に成長する例もあるのです。

痛みを感じたからこそ
他人に優しくなることができるのは
誰もが実感していることでしょう。

例えば、映画や舞台の「奇跡の人」
でも有名なヘレン・ケラー女史は

裕福な家に生まれましたが、

赤ちゃんの時に病気にかかり、
視覚、聴覚がなくて

おまけに喋れないと言う
三重苦の地獄に生きていた人です。

家族の憐憫と溺愛が裏目に出て
粗暴きわまりない子供に育っていきました。

そんなとき、

孤児院で成長した家庭教師の
サリバン先生がやってきて、

二人の激しい葛藤が始まります。

それは教育とか子育てなどと言う
生易しいものではなく、

まさに格闘とも言えるものだった

ということは映画やお芝居などの通りです。

ヘレン・ケラーが気だての優しい人となった理由

三重苦というのは想像を
絶する苦しみだったでしょう。

しかし人として生まれたからには、

それで、粗暴なままでいて良い、
というわけには行きません。

何度も挫折しそうになった
サリバン先生を当初支えていたのは

恐らくヘレンに対する
愛情ではなかったでしょう。

貧しさ故に孤児院で育てられ、

それを克服して家庭教師となった
自分のプライドと、

ヘレンをわがままいっぱい育てた
裕福な環境に対する反感だった
のではないでしょうか。

まさに水と油のように
違う環境にいた二人。

でもこれがよかったのではないでしょうか。

摩擦が大きいほど生まれる
エネルギーが多いです。

しかし激しい葛藤の後に

初めて「水」という
言葉を覚え、

だんだん人間らしい心を
見せるようになったヘレン・ケラーに

先生は本当の愛情を感じ始めます。

そしてヘレン・ケラーは

自分でも努力を重ねて、
気だてのいい娘として成長していきました。

気だての優しい人の特徴は
後天的に獲得できるのです。

人間はどんな状況で生まれてこようと、

それをどういう風に克服し、
活かしていくかが大切です。

もしヘレン・ケラーが三重苦でなかったら、

多分歴史に残るような
人生を送ることはなかったでしょう。

多くの人に感銘を与え、影響を与える
ような人生ではなかったはずです。

だから人間は与えられた
能力が問題なのではなく

与えられた能力をどうやって
開花させていくか、

親や周囲の人間がそれを
どう手伝えるか、

そこが重要なことだと思います。

それができれば、

十分に「賢い」人間だと言えるでしょう。

人間には誰もが才能はあるでしょう。

でもそれを発揮するかどうか、
環境や周りの人間の影響が起きいのです。

そういう意味でヘレン・ケラーも
サリバン先生も

素晴らしい賢さを発揮し、
また獲得していったのです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。