幼児の言語教育と子供が言葉を覚える脳の言語の敏感期とは?

幼児の言語教育と子供が言葉を覚える脳の言語の敏感期とは?
今回のテーマは

幼児の言語教育と子供が言葉を
覚える脳の言語の敏感期とは?

について紹介します。

モンテッソーリ教育では

子供の各種の機能が
大きく伸びる時期を

敏感期と呼んで分類していますが、

これまで「秩序の敏感期」から
順番に紹介してきましたが

今回が最後の敏感期で
「言語の敏感期」と呼ばれる時期です。

生まれてから3歳頃にかけて

子供は爆発的な勢いで
言葉を獲得し始めます。

この頃の子供は、

音声、語、そして文法を
吸収する準備ができていると

モンテッソーリは言っています。

スポンサーリンク

幼児の言語獲得と言語教育

我々は自然と言葉を覚え
話しているような気がしますが、

人間の言葉の獲得には
興味深いプロセスがあります。

生まれて間もない幼児、赤ちゃんは、

聞こえてくる様々な音の中でも
特に人の高い声に注意を向けます。

それは赤ちゃんの環境の中では多くの場合

母親の声でもあるので、
生物学的にも理屈にあっています。

また生後6ヶ月の乳児に
母国語と外国語の両方を聞かせると

明らかに両者を聞き分けて
いると思われる反応の違いが見られます。

というのも、
外国語を聞いた時に「おやっ」
と言う特異な反応を示すのです。

この特徴などは、

子供が言語音の違いを聞き分ける
敏感期が、生後6ヶ月頃にあることを
示す現象と言えます。

他の動物は言葉を話さない
(…とされていますが)

言語能力は人間ならではの
高度な精神活動と言えます。

その土台を作るのが、幼児期
そして子供の時代と言う訳です。

子供が言葉を覚える「言語の敏感期」

さらに3歳から6歳にかけて
子供は言葉と言葉の位置に関わるルール、

則ち文法を急速に
習得するようになります。

言葉の獲得は

子供の生得的な成熟を基本としながら、

それに子供の言語的環境が
影響して現れてきます。

まず意味の無い発音としての
喃語(なんご)の時期があり、

その他に他者の話す言葉を
理解する時期を経て、

自ら言葉を話す時期へと進みます。

それは一語文から二語分へ

さらに複雑な文法を持つ言葉へと
発達していきます。

モンテッソーリさんは

言葉のこうした変化は
徐々に起こるのではなく、

爆発的に起こると考えています。

これが「言語の敏感期」で

まさに、言葉の獲得には
敏感期がある訳です。

この時期にこそ、子供が豊かな
言語環境に触れることが大切なのです。

言葉を巧みに操る能力は
成長してからどんな分野に進むにせよ
非常に重要な能力です。

だからこそ、

この子供が言葉を覚える「言語の敏感期」に
適切な教育をしてあげるのが大切です。

モンテッソーリの言語教育

以上は話し言葉の敏感期に
関わることですが、

これとは別に、

書き言葉に関わる敏感期が

3歳から5歳半頃にあると
考えられています。

さらに書き言葉の敏感期には、

書くことへの敏感期と書かれた
文字を読むことへの敏感期があります。

一般には、文字教育は
小学校に入ってから行われますが、

子供の文字への興味、関心は
その時期より早い幼児期に現れる
というのがモンテッソーリさんの考えです。

例えば、4歳頃の子供が
紙に丸や四角の形を書いて

それを仲の良い子に手紙として
渡すことがあります。

これは文字ではありませんが、

文字に対する関心を示す
行動と言えます。

こうした話し言葉とともに
書き言葉への関心が出てくるこの時期に、

それを満たす環境を準備し
与えることで、

子供の書き言葉への注意集中現象を
促すことが大切だと

モンテッソーリさんは指摘しているのです。

読んで、書いて、聞いて、話す、

人間は言葉を使う
コミュニケーションが主体の生き物です。

それでは、次回からもう少し詳しく
子供の脳と言語教育の関係

子供をバイリンガルに育てる方法など

モンテッソーリ式幼児の言語教育
「言語の敏感期」の対処法について
紹介していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。