爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳と3層で進化する子供の脳の特徴

爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳と3層で進化する子供の脳の特徴
今回のテーマは、

爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳と
3層で進化する子供の脳の特徴

について紹介します。

前回は脳や神経が
3つの成長段階を経て発達し、

そうしたタイミングに合わせて
幼児教育をする

モンテッソーリ教育の
敏感期と言う概念について
紹介をしてきたのですが、

さらに別の角度から、
解説を加えたいと思います。

生理学者である
ポール・マクリーンさんは

脳の進化の観点から
人間の脳を3つの層に分け

最下層を爬虫類脳
中間層を下等哺乳類脳
最上層を高等哺乳類脳(人間脳)

とし、これを

「三位一体脳モデル」

として提唱しました。

スポンサーリンク

生命を司る「爬虫類脳」

つまり私たちの脳の中には

トカゲのような部分と
犬猫のような部分と
人らしい部分がある…

何となく分かる部分があるでしょう。

そして子供の教育においても
この部分の特徴を理解しておくと役立ちます。

脳の中心部にある爬虫類脳は
反射脳と呼ばれ、

呼吸や血液の循環を調節する、

また内臓器官の営みを
調整すると言った働きをしてます。

他にも、姿勢を保つ反射や
防御反応など、

反射活動の統制も
この爬虫類脳が行っています。

生きていくのに必要な活動や
とっさの判断、

熱い時に手を引く反射反応など

爬虫類脳は、生命の維持に
直接関わる働きをしていると言う事です。

哺乳類脳、人間脳とは何か?

次に中間層の下等哺乳類脳は
情動脳と呼ばれます。

トカゲや蛇と犬や猫の違いは
感情表現にあると言うのは
何となく感じるところですが、

この脳の部分は

食欲や性欲など、
個体の維持と種族の保存に
関わる本能行動を受け持つのです。

さらに、快、不快、
怒り、恐れ、喜び悲しみと言った

情動に伴う行動に関わっています。

さらに最上層の
高等ほ乳類脳(人間脳)は
理性脳と呼ばれています。

確かに生きるだけ、
感情の赴くまま動く…

以外に人間は
理性を使う事もありますし、

未来のために計画して
脳を使う事も出来ます。

これは認知や記憶、
思考や言語、或は感情(情操)

意思などの高次精神活動を司り

外界への適応行動を
拡大していくための創造活動の
調整に深く関わっている脳です。

脳幹、大脳辺縁系、大脳皮質の特徴

こうした爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳は

ただの概念と言う話しではなく
実際の脳の部分と対応しています。

マクリーンさんの脳の三層構造は

具体的にはそれぞれ、

脳幹、大脳辺縁系、大脳皮質

として脳の上下構造を構成しています。

脳幹は、

上から順に間脳
(視床、視床下部、脳下垂体を含む)

中脳、橋、延髄となっており、
延髄の後方は脊髄につながっています。

身体の奥深くの一番重要な部分で
周りに守られている部分です。

このうち、中脳、橋、延髄
そして脊髄系は

呼吸、循環、ホルモン分泌、消化吸収、
まばたきなどの自律性反射や体性反射、

それに免疫機能と言った
生命維持に直結する特徴の働きをしています。

生きている脳と生きていく脳

大脳生理学者時実利彦さんは

爬虫類脳の、脳幹とそれに続く
脊髄系を生命維持に不可欠な組織
として位置づけ、

それを「生きている」脳と呼びました。

この「生きている」脳の保証の上に、

「生きていく」脳が機能し、
意識のある動的な生命活動が
展開されるとしています。

生殖や生存の本能は
確かに人間にもありますが、

それだけでなく、

いかに生きていくかを
考えるのが人間の特徴です。

生きていく脳は
その働きから3つの層に分かれます。

第一の層は

情動行動の制御に深く
関与している大脳辺縁系の層です。
(大脳基底核、古皮質、旧皮質を含む)

これは「たくましく生きてゆく」脳
と呼ばれています。

大脳基底核にある扁桃体は
好き嫌い、或は恐れなど

情動に関わる働きをしていて、
三位一体脳でいう哺乳類脳に当たります。

第二の層は、

変化する外部環境に適切に対処していく
適応行動をコントロールする
新皮質系の層です。

前頭葉を除く新皮質の領野がこれにあたり、
「うまく生きてゆく」脳と呼ばれており

人類脳と対応するでしょう。

さらに第三の層は

未来に目標を設定し、価値を追求し、
その実現を図ろうとする

創造好意を調整している
同じく新皮質系の層です。

前頭葉がその領野にあたり
「よく生きてゆく」脳と呼ばれています。

動物や爬虫類は、
未来の計画を立てたり、

発明やイノーベーションなど
価値の創造と言った事はしません。

なぜ人間にはその能力があるのか。

神がそれを与えたのか、

はたまた宇宙の流れ、進化から
偶然生まれたのか?

…答えは分かりませんが、

人間の脳と言うのは、
爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳と
高度に進化してきたものであり、

幼児教育、子供の脳に関しても
この事実は重要な事なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。