食品添加物の安全性や危険性の毒性検査や海外の評価の基準値

食品添加物の安全性や危険性の毒性検査や海外の評価の基準値
今回のテーマは、

食品添加物の安全性や危険性の
毒性検査や海外の評価の基準値

について紹介します。

食品添加物の危険性については、

様々な意見があり、
様々な毒性検査によって評価されています。

その評価結果によって、
使用できる食品が限定されたり、

使用できる基準量が設定されている
食品添加物が数多くあります。

使用基準が定められていると言う事は、

対象外の食品に使用したり、
基準値以上使用すると
健康に影響が出る危険性があります。

公的には、
ADI(1日摂取許容量)も
かなり余裕を持った設定になっているので、

「使用基準を守っていれば、
健康に悪影響はない」

という事になっています。

スポンサーリンク

ただし、、

そうした評価はあくまで
動物実験に基づいたものであり、
健康な人を想定したものです。

例えば、
化学物質過敏症の人や
アレルギー体質の人への影響度や

乳幼児、小児などへの
悪影響や危険性については不安な面があります。

赤、黄、青と言った色に
102などと数字が付いた着色料である

タール系着色料などの
合成着色料の発がん性や、

合成保存料の危険性を
指摘する人も多いですが、

かといって一方で

「天然系着色料なら安全」

という訳ではありません。

また諸外国で認可されている添加物が、

日本では使用禁止になっているものもあります。

例えば甘味料である
チクロ(サイクラミン酸ナトリウム)は、

発がん性や催奇形性が指摘され
米国、英国、日本では禁止されていますが、

ドイツや中国では使用が認められています。

それぞれの国が独自に
安全評価をしているからです。

どの国の評価が正しいかというよりも
安全評価が国によってばらつきがあると言う事は、

評価自体の信頼性に不安を感じてしまいます。

発がん性などの危険性については、
まだまだわかっていない面も多く、

「どんなガンになったか分かっても
なぜガンになったか分からない・・」

という状態です。

現代社会の食品流通において、
食品添加物は不可欠な面もありますが、

健康面から見れば危険性が高く、
摂取しないに越したことはありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。