天才の下地を作るモンテッソーリの幼児教育の効果や違い特徴

天才の下地を作るモンテッソーリの幼児教育の効果や違い特徴
今回のテーマは、

天才の下地を作るモンテッソーリ
の幼児教育の効果や違い特徴

について紹介します。

これから子供を天才に育てる
最強の幼児教育の秘密として

古今東西様々な幼児教育の
秘密について探っていこうと思いますが、

まず紹介したいのが、

モンテッソーリの幼児教育

についてです。

検索エンジンビジネスで世界的企業となった
グーグルの創始者の2人、

セルゲイ・ブリンさんとラリー・ペイジさんも
モンテソーリ教育出身だったり、

イギリスの王子や歌手のビヨンセ、
など世界で活躍する多くの人が

モンテッソーリ出身と言う事で
今、世界中でブームになりつつあります。

日本でも古くから知られている
幼児教育の一つですが、

モンテッソーリの幼児教育を
取り入れている幼稚園、

または保育園を訪れると、

子供同士がお互いに
学び合っている姿に感心し、

子供たちが静かに注意集中して
教具に取り組んでいる姿に驚きます。

つまりこうした背景には

私たちの固定概念として

幼児期の子供は
静かにしている事自体が難しい

何かに取り組んでいても
すぐに飽きてしまう

といったイメージがあり、

自分の子供や同世代の
子供たちを比べてみるときに

その違いに驚くからでしょう。

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育は何が違うのか?

そうした特徴の違いを生む要因は
どこにあるのでしょうか?

まず脳の観点から見ると

モンテッソーリ法の教具に
取り組む活動は、

ものに対する興味、関心、
注意、集中、

そして他者への思いやり
と言った現象や行動は

子供の脳の前方にある
全頭連合やの働きによる
ものだとされています。

モンテソーリ法が出来たのは、
19世紀の事、

まだまだ脳に対する理解は
少なかった時代ですが、

既にモンテッソーリ教育で
準備されているさまざまな教具、
指導法と言うのは、

子供の注意、集中や思いやりに
関係する脳の領域に働きかけ

それを活かす効果、
特性を持っているのです。

子供が自分で面白いと思い、
興味を持った事について

積極的に働きかけて探索をし、

注意を集中してその活動(お仕事)
に取り組む。

そしてそれを通じて子供自身の知識が増え、
技能が高まる事で

自然と自立した人間になっていく。

これがモンテッソーリの幼児教育が
目指しているところと言えるでしょう。

天才の下地を作るモンテッソーリ教育

モンテッソーリの
幼児教育に関わる大人

すなわち保育者や保護者は

子供が最も効率よく学習できる
時期(敏感期)に応じた環境(教具)を
準備、提供し、

その子本来の発達の道筋に
見合った成長(正常化)を
促していくと言う役割を持っています。

つまり、子供の心身が
正常で健康な状態に育つよう
サポートする事が大人の役割であり、

これからの時代に必要な
子育て理論と言えるでしょう。

天才の下地を作ってあげるために、

子供が自分一人で出来るように
手伝ってあげる事、

それが大人の仕事であり、

子供の代わりにうまくやってあげるのが
大人の仕事ではないのです。

この辺りの幼児教育の効果や違い、
特徴をしっかりとまず理解しましょう。

モンテッソーリの幼児教育が目指すところ

モンテッソーリの幼児教育には

環境整備→自己選択→注意集中現象→正常化

と言う流れがあるのが特徴です。

つまり、整備され準備された環境の中で、

子供はそこから自分で
自由に選択した活動や課題

(子供の発達段階に見合った活動や課題)

に対して注意を集中し、

繰り返し関わる事によって
能力を高め、

自立を強めていくと考えられています。

子供は自らのうちに
自分を成長させる力を持っており、

誰でも天才の種を持っています。

大人はその要求を受け止め
自由を保障する事によって

子供の自発的な活動を支援する
存在でなければならない

と言う考えに基づいて、

自律的であるとともに
他者への思いやりがあり、

さらに有能で生涯学び続ける姿勢を持つ
「自立した人間」を育てる事を目指し

モンテッソーリ教育は
実践されています。

言い換えれば、

自立して有能で
他者への思いやりと責任感があり、

生涯学び続ける姿勢を持った人間

これがモンテッソーリの
幼児教育が求める人間像と言えます。

モンテッソーリの秘密に迫る

さてこれからこのテーマで

百年以上前に提唱されてた
「モンテッソーリの幼児教育」

約1世紀に渡って全世界中で
信頼され、実践されている理由を

脳科学の観点など
様々な観点から読み解き

天才を作る幼児教育の
効果を紹介していきたいと思います。

モンテッソーリ方法実践している
子供の脳では

一体何が起こっているのか。

それによって子供の脳はどう変わるのか、

また保育者、保護者の指導によって

つまり大人の介入で子供の脳に
どんな変化が起こるのか、

脳科学の観点から

どのような指導法を取り入れれば
教育効果はさらに上がるのか?

など、様々なテーマで

モンテッソーリ教育の
具体的実践内容や教育効果を
確認しながら、

子供の脳を賢く優しく育てる
天才脳を育てる方法について
探っていきたいと思います。

モンテッソーリ法の教具に
取り組む子供の活動の基礎となる
それぞれの行為は、

一般の幼稚園や保育園の
子供が日常的に行う活動にも
多く含まれているものです。

なのでモンテッソーリ法に
取り組む子供の活動を脳科学から
明らかにしていく内容は

一般的な幼児教育、

また家庭での子育てにおいても
十分に適応可能でしょう。

ぜひ楽しみながら読み進めていってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。