狩猟採集、農耕家畜を経て人間進化の過程に学ぶ理想の食ベ物


今回のテーマは、

狩猟採集、農耕家畜を経て人間進化
の過程に学ぶ理想の食ベ物

について紹介します。

230万年前から農耕、家畜革命が
始まった1万年前までの
食生活をふまえ、

現代社会に生きる我々が
どんな内容の食べ物を食べれば、

心身に健康に理想と言えるのか?
考えていきましょう。

狩猟採集時代の食べ物を
現代食に当てはめれば、

以下の6点が基本になります。

1.赤肉(脂肪分の少ない)
魚介類を中心としたたんぱく質を摂取

2.でんぷん質でない野菜と
果物を摂取する事、

3.穀物を控える事

4.豆類を控える事

5.乳製品を控える事

6.加工食品を控える事、

さらにここに日本人向けの
狩猟採集型食生活には

「発酵食品を取り入れる事」

と言う6つが基本となります。

狩猟時代、人間の進化の過程から学ぶ
理想の食ベ物、食生活とはなにか?

この6項目について
詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

人間の進化の過程から学ぶたんぱく質の摂取

狩猟採集、農耕家畜を経て
食ベ物が変わった大きな要因が

タンパク質ではないでしょうか。

まずたんぱく質の摂取についてですが、

現代社会の典型的な食生活では
たんぱく質を全摂取カロリーの15%しか
食べ物で摂取できていません。

現代社会はどちらかと言うと
食べやすい糖分、脂肪分が中心です。

狩猟時代の人類の食べ物に
近づけるためには、

私たちは、たんぱく質の摂取量を
できれば2倍の約30%に増やすべきです。

なぜ食べ物からたんぱく質を
多く増やす必要があるのでしょうか?

これは以前にも紹介しましたが、

私たち人類は進化の過程で
狩猟採取時代に私たちの遺伝子が
肉を食べることに適応してきたからです。

例えば、

植物に含まれる脂肪酸は
炭素(C)が18個です。

脂肪酸はもちろん私たちの
細胞膜に必要不可欠な
成分なのですが、

そこに必要な
炭素数は20と22個です。

つまり、植物から摂取した
炭素18個の脂肪酸を体内の酵素で

炭素数20と22個に変換する
必要性がでてくるのですが、

私たち人類は

ネコ科の動物と同じく、
この酵素がほとんど働きません。

これに対し、肉類に含まれる
脂肪酸は炭素数20と22個です。

したがって、私たち人間が
細胞膜と言う重要な組織を
維持するためには、

肉を食べる必要がどうしてもあるのです。

たんぱく質を英語で言えば
Protein(プロテイン)ですが、

この言葉はギリシア語で
「第一の、第一義の」 を意味する
「proteios」からできた言葉です。

だからまず何よりも、
プロテインの摂取が必須と言う事です。

狩猟時代の食べ物はたんぱく質が豊富だった

そういったたんぱく質が
豊富な食べ物を狩猟採集時代は
食べていたのですが、

農耕・家畜を経て変わってきました。

特に現代人はそれが足りておらず、
アミノ酸の不足が原因で、

体調を崩す事があります。

例えば、

タウリンと言う生物学的に
重要な働きをする

必須アミノ酸がありますが、

タウリンは胆汁酸の
分泌を盛んにする事で、

肝臓の働きを助けたり、
肝細胞の再生を促進させたり、

細胞膜を安定化する
重要な働きをする物質です。

またタウリンは、私たちの身体を
正常な状態に戻そうとする作用
(ホメオスタシス)を促進させる効果が
ある重要なアミノ酸です。

ドリンク栄養剤に

「タウリン○○mg配合!」

などと銘打つ事もありますが、

タウリンの前駆物質は植物にありますが、

この前駆物質からタウリンを
生成する酵素がほとんどないのです。

一方で、肉類にはタウリンが
豊富に含まれているので、

それで狩猟時代は補っていました。

なのでこの酵素を進化の過程で
捨ててしまったのです。

しかし現代人がたんぱく質不足になれば、
タウリンも不足してしまいます。

たんぱく質と人間の進化

もう一つ、人類が肉食に
適応した事によって起こった
重要な代謝機能があります。

それは

「肉類をたくさん摂取しても
血液中の尿酸値を上げない」

システムを獲得したと言う事です。

たんぱく質は最終的に私たちの
肝臓で尿酸と言う物質に変換されて
排出されます。

つまり、肉を食べる事で
尿酸値が上がる事になる訳ですが、

ご存知の通り、血液中の
尿酸値が上がると痛風になります。

痛風と食べ物の関係は
多くの人が認識していますが、

実際は肉類を摂取しても
尿酸値が上がる事はありません。

進化の過程で尿酸を生成する
酵素(キサンチン・オキシドリダクテース)
を失ったためと言われています。

また、肝臓からの尿酸の
排出を高める事でも血液中に
尿酸が溜まらないように工夫しています。

12人の痛風患者対象に
高タンパク質、低炭水化物の
食事療法を行った介入研究では、

7人の血液中の尿酸値が正常化し、

痛風発作が著しく減少した事が
分かっています。

むしろ肉類の摂取によって
尿酸値が下がるのです。

狩猟採集、農耕家畜を経て

人間の進化の過程から学ぶ
理想の食ベ物、食生活の基本6点

現代社会に生きる我々が学ぶべきポイント
について次回はもう少し

たんぱく質の秘密について
探っていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。