加工食品の産地表示の安全性、原産地=原材料の産地ではない

加工食品の産地表示の安全性、原産地=原材料の産地ではない
今回のテーマは、

加工食品の産地表示の安全性、
原産地=原材料の産地ではない

について紹介します。

加工食品は使用される原材料や
製造場所などが複雑で、

産地に関する表示も様々な為、

消費者には非常に
分かりづらいものになっています。

海外で製造された輸入品には、

原産国名の表示が
義務付けられていますが、

原産国と言ってもその国で採れた
原材料を使っているという意味ではありません。

どうして原材料の原産地を
表示させることができないかというと、

「輸入品は他国のもの」だからです。

他国の製品に、
日本の事情で強制的に表示させるのは、

よほどの事情がない限り
難しい話です。

スポンサーリンク

しかも表示をさせたとしても、

それが正しいかどうかを
検証する事も至難の業です。

他国に対して調査する権限などありません。

言われたことを信用するしかないと言うのが現状です。

一方国内で製造加工された食品(国産品)には、

「加工した場所(加工地)」と
「使用されている原材料自身の産地(原料原産地)」

という二つの産地が存在します。

原料原産地は栽培した場所(国)、

養殖した場所(国)

飼養、肥育した場所(国)

になります。

これは輸入品の原産地(最終加工地)ではなく、

あくまで採れた場所を意味します。

ただし原則、
加工食品に加工地や原産地を
表示する義務はありません。

加工食品は、
製造段階で様々な加工がされていますが、

原産地となるのは
「最後に加工した場所」です。

例えばウナギのかば焼きの場合、

ウナギをさばく事も、焼く事も、
たれを付ける事も加工になります。

この場合、中国でさばいて焼いて、
静岡県でたれをつければ、

最後の加工であるたれをつけた
場所である静岡県が、

かば焼き(加工食品)の
原産地(加工地)になります。

ところが、例えば
「静岡産ウナギのかば焼き」
と表示されていると

かば焼きの原材料である
ウナギの原産地(原料原産地)が
静岡なのか、

かば焼きに加工した場所(加工地)が
静岡なのか、

これだけでは判断できません。

消費者が知りたいのは
どちらかというと、

加工地よりも原材料が
どこで採れたのかという事です。

消費者の国産品志向が強まってきた昨今、

「表示義務のない加工地を
強調することで、

加工地があたかも原材料の原産地だと
消費者に誤解を与えるような
紛らわしい表示」が増えてきました。

そこで2002年から順次、
消費者の要望の強い「ウナギのかば焼き」や

「アジの干物」
「梅干しなどの農産物の漬け物」などに、

加工地ではなく原料原産地を表示することが
義務付けられました。

2008年7月の段階で、

原料原産地表示が義務付けられているのは、
4品目と20食品群の加工食品です。

多いように感じるかも知れませんが、
加工食品の20食品群は、

ほんのごく一部にしか過ぎません。

どうしてすべての加工食品に
原料原産地表示を義務付けることが
できないかというと、

「数多くの原材料を使っているので
文字数が多くなる」

「原産地が変わることが多く、
その都度表示を変えるのは、
手間とコストがかかる」

からでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。