「消費期限」と「賞味期限」の違い、食品の期限表示の国際規格

「消費期限」と「賞味期限」の違い、食品の期限表示の国際規格
今回のテーマは、

「消費期限」と「賞味期限」の違い、
食品の期限表示の国際規格

について紹介します。

「消費期限」と「賞味期限」の
もっとも大きな違いは

「期限切れを食べないほうがいいのが消費」
「期限を切れても十分食べられるのが賞味」

です。

製造日も含めて約5日間
劣化しない食品には「消費期限」

それ以上日持ちする食品に
「賞味期限」を表示することになっています。

スポンサーリンク

これは1995年4月1日から
製造年月日表示が廃止され、

消費期限と賞味期限の
期限表示に変更されました。

その時参考にしたのが
国際食品規格(Codex規格)です。

Codex規格では、
食品の日付表示については
期限表示が採用されています。

Codex規格の期限表示は

「Use-by Date(Recommended Last Consumption Date)」
「Date of Minimum Durability(Best-Before)」

に分けられています。

日本でもこの規格を参考にして

「Use-by date」を消費期限に、
「Best-before」を賞味期限

という言葉に置き換えました。

国際規格に合わせ

「劣化が早いものと遅いものを
分けた方が良い」という考え方ですが、

おおむね5日間というあいまいな
規定であることや

事業者の判断で期限が決められるので、

実際に飲食可能期限より
どの程度短くなっているのか、

消費者にはまったくわからない
制度になってしまいました。

製造年月日は

正しいかどうかが
「パートの人でもアルバイトの人でも
誰にでもわかる客観的な表示」でした。

ところが期限表示は
「いつまで日持ちするかという専門的な表示」
になるので、

期限表示が間違っているかどうかは
普通の人にはなかなか判断できません。

消費者は事業者側を
信用するしかありませんが、

消費期限や賞味期限を
改ざんした偽装事件が多発し、

事業者側に対する
不信感が増大しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。