遺伝子組み換え食品の安全性、危険性は?健康被害のリスク

遺伝子組み換え食品の安全性、危険性は?健康被害のリスク
今回のテーマは、

遺伝子組み換え食品の安全性、
危険性は?健康被害のリスク

について紹介します。

では遺伝子組み換え食品の
安全性はどうなのでしょうか?

遺伝子組み換え農産物の
安全性が100%証明されていないとしても、

従来の交配によって
生みだされた農産物も

微生物を利用した発酵食品も

科学的には100%の安全が
証明されている訳ではありません。

人間の長年の経験で
安全だとしているだけです。

直接的な危害が起きていないだけで

間接的には健康に
害を及ぼしているかもしれません。

起きていても因果関係が
分からないだけかもしれません。

スポンサーリンク

「品種改良は危険ではないが、
遺伝子組み換え技術は危険だ」

と決めつけることはできませんが、

「新しい技術には未知なる危険性を秘めている」

という考え方には
ある程度の説得力があります。

ただし、従来の品種改良に
危険性がまったくないとは断言しきれません。

食品に100%の安全を求める事は
無理なことです。

現時点で安全だとされている食品を
すべて否定すれば、

私たちは食べるものがなくなってしまいます。

どんな食品でも多少の
リスクは持っています。

その中で、どんなリスクを
避けるのかという事が個人の
価値観であり選択なのです。

もちろんそれが遺伝子組み換え食品
であるかもしれませんが、

もっと広い視野で客観的に食品の
安全と危険を考えてみるべきではないでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。