遺伝子組み換えと品種改良の違い、農作物・食品技術の特徴

遺伝子組み換えと品種改良の違い、農作物、食品技術の特徴
今回のテーマは、

遺伝子組み換えと品種改良の
違い、農作物・食品技術の特徴

について紹介します。

既に世間に出まわって久しい、
遺伝子組み換え食品ですが
品種改良とは何が違うのでしょうか。

遺伝子組み換え技術というのは

「細菌などの遺伝子の一部を
切り取って、その構成要素の並び方を
変えて元の生物の遺伝子に戻したり、

別の種類の生物の遺伝子に
組み入れたりする技術のことです。」

例えば、細菌の持つ除草剤の
成分を分解する性質を発現させる遺伝子を
植物の遺伝子の挿入することで、

除草剤に強い作物を作りだすことができます。

スポンサーリンク

こうした取り組みは
一般の農作物でもごく日常的に
行われています。

それが品種改良です。

「病気や気候に強い」
「美味しさや見栄えをよくする」
「生産量を増大させる」

といったことを実現させるために、
様々な品種を交配させ新しい品種を
生みだしています。

その代表的な例が
新しい品種を次々と登場している
リンゴやナシ、ブドウのような果物です。

米などの穀物や畜産物でも
硬刃による品種改良は
古くからおこなわれています。

では遺伝子組み換え技術によって
作られた遺伝子組み換え農産物と

品種改良によって生みだされた
一般の農作物とはどこが違うのでしょう?

交配による品種改良は、
一度の交配で目的に近い品種を
生みだせるわけではありません。

失敗を繰り返し、
色々な品種を交配させ、

生みだした新しい品種に
さらに違う品種を交配したりと、

何世代もの交配を繰り返さなければなりません。

相当な労力と時間と費用がかかるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。