人類の進化は菜食から肉食の変化で起きた、食生活の変遷を探る


今回のテーマは、

人類の進化は菜食から肉食の
変化で起きた、食生活の変遷を探る

について紹介します。

我々は毎日食べるものです。

それは古代から変わらない部分です。

しかし、その内容は
常に変わってきます。

人類の食生活の歴史を見て、
その変遷を探ると、

興味深いものが見えてきます。

人類の進化は肉食により起きた
と言う事が明らかになっているのですが、

食生活の変遷を探ると
私たち現代人に取っての
健康的な食生活の秘訣も見えてきます。

私たちの祖先、

類人猿から分化したヒト族は

約300万年ほど前の
アウストラロピテクスと考えられていますが、
(もちろん諸説ありますが)

このアウストラロピテクスは

アフリカの森に住み、
果実、葉、ナッツ類、昆虫、
動物の死骸などを食べていたようですが、

彼らは大きな歯や大きな顎
そして大きな腸管を持っていた事から

食べ物の大半は植物で、

ほとんどのカロリー源を植物で
補っていたと推測されています。

つまり、ベジタリアンのような
菜食中心の生活を送っていたのが
原始人と言う事です。

ところがあるきっかけで
人類に大きな進化が生まれます。

スポンサーリンク

食生活に大きな変化が起きる

化石調査によると、

約260万年前頃から
食生活に大きな変化が起こったようです。

つまり、

動物性の肉食の食生活が
このころから増加してきたのです。

この時代の人類は

大型動物に補食される事も多く、
狩猟技術も発達していませんでした。

なのでマンモスなどの大型動物を
狩猟して肉を得る事はできません。

では、動物性の食事内容が増えた
と言う化石調査は何を意味するのか?

興味深い事に、

この食事内容の変化は
約260年前の石器の
出土記録と一致していて

その石器の使用目的は、

肉食獣が食べ残した動物の
死骸を解体する事に使用されていたのです。

この頃の人類は
まるでハイエナのように、

肉食動物の食べ残した肉を採集し

石器で動物の死骸の骨を砕き、

カロリーと栄養が豊富な骨髄、
脳を摂取していたと言われています。

アウストラロピテクス・ガルヒが
そうした人類の候補です。

この時代の食生活の変遷は
それほど大きくはありません。

菜食から肉食への進化の変遷

さらにその後、約250万年前には

アウストラロピテクスより進化した

「ホモ・ハビリス」らが
使用したと言われる石器などが、

アフリカ東部のオルドヴァイ峡谷で
発見されています。

これは「オルドワン石器様式」と
呼ばれていますが、

この石器のほとんどは
医師を打ち砕いただけの単純なものですが、

獣の皮を剥いだり、
骨から肉をはぎ取ったり、

骨髄や頭蓋骨を打ち砕き
中身を取り出すのには十分役立ったでしょう。

この頃地球環境の変化も起こり、

地球の寒冷、乾燥かが進み、

アウストラロピテクスの
住んでいた森も草原化し

草原では果実や野菜などを
見つけるのが困難になり、

動物の死骸など肉食を余儀なく
されたのかもしれませんが、

こうした環境の困難さから
逃れるためとはいえ、

人類の進化に大きな影響をもたらします。

肉食により摂取カロリーがアップした

こうした食生活の変遷に加え

420万年前には

初期のアウストラロピテクスが
湖や川辺で生活していた事が確認されています。

これは人類を補食する
肉食獣に追われて水辺に
追われたと言う説が有力ですが、

いずれにせよ、

草原から水辺に
移動して住むようになり、

補食される肉食獣から非難でき、

水棲生物を食べる事ができるようになりました。

これが人類にとって
まさしく幸運とも呼べる出来事で、

ネガティブからの逃走、、

と言う怪我の高名とはいえ、

こうした環境の変化により人類は、

動物の死骸をあさり
水棲生物を食するようになり、

肉食と言う習慣を持つ事で
カロリー摂取が大幅に増加したのです。

そしてカロリー増加によって、
エネルギーをよりたくさん生み出す事が
できるようになります。

肉食への変遷による肉体の進化

この肉食への変遷による
肉体の進化は大きなものがあり、

例えば「ホモ・エレクトス」の
女性の1日のエネルギー消費量は

アウストラロピテクス属の女性より
66%も高かったと見積もられています。

さらに授乳期になれば100%

つまり2倍もエネルギー消費量が
高かったと見積もられています。

こうした高いエネルギー需要があったため

現在でもブッシュマンなどの
コイサン族の女性に見られるような
お尻に溜まる脂肪のように

女性が皮下脂肪を
溜め込む必要が出てきたのです。

アウストラロピテクス属は
身長が約122cmと小柄でしたが、

約50万年前に誕生した
「ホモエレクトス」は

身長が約183cmとなり、

より大きく、直立に近づいています。

そしてこの時代には、

一日摂取する動物性の食物の割合が
総摂取カロリーの約65%を占めるようになりました。

つまり人類が進化した背景にある
一つの大きな要因が食生活の変化です。

考古学的な調査によれば、

3000万年前は
植物食中心だった人類が、

環境の変化とともに
肉食への変化を余儀なくされたのですが、

結果的に人類の肉食への変遷が
体格を向上させただけでなく、

脳の容量すら高めたと言う訳です。

現代でも健康的な食生活で
肉食か菜食かと言う議論がありますが、

こうした植物性から動物性の食物の増加は、

単にカロリー摂取量が高くなり、
身体が大きくなっただけでなく、

脳すら進化させた…ということは
理解しておくべきでしょう。

人類の進化は菜食から
肉食の変化で起きた、

という事が食生活の変遷を探ると
見えてくるのです。

次回はそんな人類の進化、
脳の発達と食生活の関連について

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。