危険な農薬を避け『玄米』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬を避け『玄米』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬を避け『玄米』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

玄米の豊富なビタミンB群は
糖質の分解を助けて

エネルギー化し、

活力源を産出、
疲労回復などの効果があります。

ビタミンEも豊富なので、
抗酸化作用で

ガン、老化などを防ぎます。

食物繊維は
便秘や整腸作用に役立ち、

コレステロールの腸からの
吸収を抑制し、

動脈硬化などの
生活習慣病の予防にも有効です。

ただし、玄米は
消化がよくないので

よく噛まなければ
栄養分を活用できません。

<玄米の主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB1…0.41mg
・ナイアシン…6.3mg
・ビタミンE…1.2mg
・食物繊維…3.0g

スポンサーリンク

玄米を安全に食べる方法

風邪の治りかけの栄養補給源として
玄米は最適です。

ただし消化が悪いので
ドロドロに柔らかくしたお粥や

こんがりと炒った玄米を炊いて
作ったスープを、

良く噛んで食べれば体が温まり、
体力もつきます。

生姜やネギを刻んで加えると
さらに健康への効果も高まります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。