危険な農薬を避け『小豆』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬を避け『小豆』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬を避け『小豆』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

小豆の栄養的な特徴は

ビタミンB1、カリウム、食物繊維が
豊富に含まれている点です。

ビタミンB1には
糖質の代謝の促進、

脳へのエネルギー供給、
疲労回復、夏バテ防止などの
働きがあります。

カリウムは高血圧を予防し、

食物繊維は
生活習慣病や便秘を改善します。

そしてサポニンが含まれている
外皮はむくみに有効な他、

コレステロールや中性脂肪を
低下させる効果があります。

<小豆の主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB1…0.45mg
・鉄分…5.4mg
・カリウム…1500mg
・食物繊維…17.8g

スポンサーリンク

小豆の安全な選び方と保存法

小豆を選ぶ際は、
粒がそろっている
ふっくらとしてつやのある、

紅色が濃く、
皮が薄いものが良質手安全な証拠です。

また保存法としては
使い残しは袋に密閉し、
缶に入れて冷暗所で保存します。

小豆を安全に食べる方法

小豆の色素は
アントシアニンという物質で、

鉄分と結びつくと
黒ずんでしまうので

鉄鍋では煮ないようにしましょう。

また小豆の薬効は、

むくみや腫れに効くとされています。

また大きな薬効の一つが
利尿作用なので、

心臓病、腎臓病などの症状に
尿の出をよくし、

症状の軽減を図ります。

むくみ対策には
1日分として小豆30gを
540ccの水で、

半量になるまで煎じて
3回に分けて飲みます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。