危険な農薬を避け『大豆』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬を避け『大豆』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬を避け『大豆』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

大豆は、タンパク質、脂質、
ビタミンB群が多いなど

その栄養の豊かさから
「畑の肉」と呼ばれています。

大豆の効果としては
動脈硬化予防や肥満を
コントロールする働きがあります。

大豆の脂質の多くはリノール酸で

コレステロールを洗い流す作用があり、
高脂血症予防に有効です。

注目される栄養素に
大豆サポニンとレチシンがあり、

大豆サポニンには、
体内で脂質の酸化を抑制し、
代謝を促進すると考えられ、

コレスレロール、中性脂肪を
低下させる働きがあります。

レチシンは、
血管にこべりついたコレステロールや
中性脂肪を洗い流す作用があり、

高血圧、動脈硬化、認知症
などの予防に役立ちます。

また、大豆には
ビフィズス菌の餌になり。

腸内の善玉菌を増やす
オリゴ糖も含まれており、

便秘解消にも効果的です。

<大豆の主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB1…0.83mg
・カルシウム…240mg
・鉄分…9.4mg
・食物繊維…17.1g

スポンサーリンク

大豆の安全な選び方と保存法

安全な大豆を選ぶには
粒がそろっていて、

形が整い、
色つやの良いものを選びます。

保存法としては
袋の口を密閉し、

缶に入れて冷暗所に保存します。

大豆を安全に食べる方法

大豆は栄養成分が豊富ですが、
消化しにくいのが難点です。

これは生の大豆の中に、
消化酵素の働きを阻害する
物質が含まれているからです。

加熱していくうちに
その物質はなくなるので、

しっかりと加熱するのが
消化をよくし、

美味しく優れた栄養を取るポイントです。

鍋の底にたけのこの皮や
笹の葉を敷くか、

昆布や野菜と一緒に煮ると
火を均一に回せます。

また大豆との効果的な組み合わせとして、

不足する栄養素は
βカロチン、ビタミンCなので、

いずれも緑黄色野菜、
柑橘類など果物に含まれます。

また、青魚、イカ、たこ、かに
などを使った主菜にして、

拭く際に大豆料理を加えれば
老化防止に効果的でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。