危険な農薬を避け『ゴマ』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬を避け『ゴマ』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬を避け『ゴマ』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

ゴマの植物性脂肪は、
リノール酸やリノレン酸などの
不飽和脂肪酸で、

コレステロールを減らす作用があり、
タンパク質には必須アミノ酸がバランスよく含まれ、

しなやかな血管を保ち、
身体や脳細胞の疲労を回復する
働きがあります。

また、ビタミンB1、B2、鉄、
リン、マグネシウムが1粒の中に
ぎゅっとつまっており、

中でも、豊富なビタミンB1は
糖質の代謝に役立ちます。

その他にもゴマは
カルシウムが豊富で

年をとるごとに脆くなりがちな
骨を丈夫にし、

豊富なミネラルは
肌につやを与え、

白髪の予防にも大活躍など、
若さを保つにはもってこいの食材です。

また二日酔いの元凶である
アセトアルデヒドの分解を促進し、

肝臓の働きを強化するセサミンは、

抗コレステロール作用、
活性酸素を除去、

肥満防止にも効果がると
認められています。

<ゴマの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB1…0.95mg
・カルシウム…1200mg
・鉄分…9.6mg
・マグネシウム…370mg

スポンサーリンク

ゴマの安全な選び方と保存法

黒、白、金などの種類があり、
栄養的にはほとんど変わりませんが、

黒ゴマが最も抗がん作用が高いです。

またむきゴマよりも皮つきの方が
栄養的には優れているので

選ぶ際のポイントにしましょう。

ゴマを安全に食べる方法

ゴマは皮つきのままでは
消化がよくありません。

吸収を高めるには
潰して使うのがポイントです。

香ばしく行ってから
ひねりつぶすだけでもOKです。

よく炒ったゴマをペーストにして
蜂蜜などと混ぜて
トーストにも利用できます。

またドレッシングにもすりつぶして入れて、
薬効を活用するようにしましょう。

ゴマの薬効ですが、

漢方では黒ゴマの主な働きは

胃腸を丈夫にする、
から咳を治める、
美しい肌を作る

と言われています。

黒ゴマ、クルミをすり合わせ、
蜂蜜を加えたペーストを
常備して食べると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。