危険な農薬などを避け『アーモンド』を安全に健康な食べ方

危険な農薬などを避け『アーモンド』を安全に健康な食べ方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け
『アーモンド』を安全に健康な食べ方

について紹介します。

アーモンドの主成分の脂質は、
ほとんどがリノール酸などの
不飽和脂肪酸なので、

動脈硬化の予防効果があります。

また若返りのビタミンと言われる
ビタミンEはナッツ類の中でも
トップの含有量を誇り、

動脈硬化やがんなどの
生活習慣病、老化に有効に働き、
血行も良くします。

またアーモンドに含む
ビタミンB群は

三大栄養素の代謝に関与し
身体と頭脳の活力を生みだします。

<アーモンドの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB2…1.11mg
・ビタミンE…29.4mg
・カルシウム…210mg
・鉄分…2.9mg

スポンサーリンク

アーモンドの安全な選び方と保存法

殻つきのアーモンドは
酸化による劣化が遅いですが、

通常は殻なしなので、
密封された缶、瓶、袋入りで
鮮度が保たれているものを選びましょう。

また保存法としては、
密封容器に入れて冷凍保存が基本です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。