朝一番の生ジュースの習慣は健康へ良い効能、メリットがある


今回のテーマは、

朝一番の生ジュースの習慣は
健康へ良い効能、メリットがある

について紹介します。

あなたは朝起きてから先ず
口にする物は何でしょうか?

お茶でしょうか?
コーヒーでしょうか?

或は、コーラやサイダーなど…

朝一番に何を飲むかと言うのは
健康レベルを上げる上できわめて重要です。

寝ている間に活動を
休んでいた消化器官、

そこに真っ先に入れる朝一番の
飲み物として、

コーラやサイダーはともかく、

コーヒーやお茶などの液体を入れるのは
決して悪い事ではないと思います。

特にお茶と言うのは
健康にとって効能もあります。

しかし理想を言えば、

先ず純粋な水を入れて
消化器官を優しく起こしてあげたなら、

絞り立ての生ジュースが理想です。

市販の缶ジュースやパックの物でなく、
野菜や果物をしぼったオリジナルジュースです。

「朝の生ジュースは金の効能」

これは世界中の自然療法家の
間で常識となっています。

朝一番の生ジュースの習慣は
健康に良い効能がたくさんあります。

スポンサーリンク

生ジュースに含まれる健康への効能

野菜や果物の水分には
健康に有益な秘密がたくさん詰まっています。

生ジュースに含まれる水分は、

普通の水分と言う訳でなく、
酵素、抗酸化物質、ファイトケミカル
(ポリフェノール、フラボノイド、カロテノイドなど)
ビタミン、ミネラル、オメガ3脂肪酸、糖分など

様々な栄養素がふんだんに含まれています。

例えば、生ジュースに含まれる
カリウムは身体に蓄積された
ナトリウムを追い出し、

細胞のミネラルバランスを整え、

野菜、果物に含まれる
上質なたんぱく質は、

筋肉や髪の毛、爪の主成分になります。

また酵素、ホルモン、遺伝子などを
作る材料にもなります。

ホテルのレストランで
朝食をとると、係の人が

「何のジュースになさいますか?」

と尋ねてきますが、

これはただの気配りやサービスだけでなく、
健康に対するきちんとして意味があるのです。

その気配りを、家庭でも、

自分に対してだけでなく
家族にもしてあげる事で、

ファミリーの健康は守られます。

朝一番の生ジュースの習慣は

がん予防すら実現できる、
自然治癒力を上げるメソッドの中でも
大きな柱となるのです。

健康な体質に変えるためには、

野菜、果物の大量摂取が
絶対に書かせないのです。

免疫力アップ、ガン予防、病気予防、

様々な効能から見て、メリットが多い、
朝の生ジュースは特のススメの習慣なのです。

なぜ生ジュースが良いのか?そのメリット

ではなぜ朝一番の生ジュースが
健康のそれほどいいのでしょうか?

実はジュースは栄養たっぷりの効能で
滋養になるだけでなく、

固形物とは違い、消化管の通りが良く
胃腸を整えます。

活性酸素を除去する抗酸化活性が
高いので、

身体のさびを落とし、活性酸素を除去し
細胞レベルでの若返りをサポートします。

さらに免疫力も高めます。

高血圧や高脂血症を予防し、
メタボリックシンドロームを遠ざけるのに
効果的なのです。

果物や野菜には、活性酸素を除去する
ファイトケミカルや

代謝を整えるビタミン、ミネラルが
各種豊富に含まれ、

消化酵素が豊富です。

それを液状にする事で
効果的に体内に吸収する事ができるのです。

それを朝一番に飲むのは、
胃腸が最も喜んでくれると言えます。

また午後、夜になると
急な仕事や用事で忙しくなり、

ジュースを飲む時間が取れないときや
めんどくさいと辞めてしまう恐れもありますが、

朝一番に飲んでおけば、
ゆっくり時間を持って飲む事ができます。

生ジュースを飲んでおくだけで
健康に様々なメリットがあります。

病気にならない身体を作りたければ、

先ずはなりより朝の生ジュースの
習慣を持つべきと言えるのです。

効能を最大化する生ジュースの飲み方

健康レベルを上げるためには

1日600ミリリットルくらいを目安に
摂取の目標としてください。

朝は中でも200~300mlは飲みたいですね。

私自身は、朝はだいたい、

グレープフルーツ、レモン、オレンジ、
リンゴをジューサーで絞り、

蜂蜜を加えジョッキで飲みます。

さらに旬の野菜など、
キャベツ、人参、ピーマンなどの
野菜をくわえる事もあります。

ここで生ジュースを作る時は、

ジューサーやミキサーを使いますが、

ここではさらに栄養素が壊れにくい
スロージューサー、

低速絞りのスクイーズタイプの
ジューサーを作る事をお勧めします。

高速ジューサーより、
酵素やビタミンが壊れにくいなど
メリットが大きいです。

基本の食材としては、

リンゴ、人参、グレープフルーツ、
レモン、みかん、トマト、キャベツ、
小松菜、ブロッコリー、セロリなど、

野菜、果物はその時々の
旬な物を選ぶと良いでしょう。

旬な物は栄養価も高く、
流通にも乗っているので、
価格も安くなっています。

もちろん、生ジュースに使う素材として

無農薬の有機食材を選ぶのが理想です。

ただ、手に入れづらいと言う人は、
そのときに一般の市場などで売られている
野菜や果物を使用しても大丈夫です。

そのときは、しっかり水洗いし、
一晩、または数時間でも水につけ、

農薬を落とす作業をしましょう。

最近では農林水産省の指導もあり、

収獲間際の10日前くらいから
水に落ちやすい農薬をつかっているそうですが、

しっかりとこの辺りを対応し、
農薬処理はしておいた方が良いでしょう。

そして朝一番の生ジュースの習慣をつけ、

一日を元気でパワルルに過ごし、

野菜や果物の健康への良い効能へ
感謝を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。