危険な農薬などを避け『さやいんげん』を安全に健康な食べ方

危険な農薬などを避け『さやいんげん』を安全に健康な食べ方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け
『さやいんげん』を安全に健康な食べ方

について紹介します。

さやいんげんは
淡色野菜の一種ですが、

ベータカロテンやビタミンC
食物繊維を始め基本の
栄養素をバランスよく含み、

一度に食べる量も多いので
緑黄色野菜として扱われています。

ベータカロテンの他には

さやいんげんには
ビタミンB1、B2、C
カルシウムを含み、

新陳代謝を活発にして
疲労物質の蓄積を防ぎます。

<さやいんげんの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンA…49㎍
・ビタミンB1…0.06mg
・ビタミンC…8mg
・カルシウム…48mg

スポンサーリンク

さやいんげんの安全な選び方と保存法

さやえんどうは
鮮やかな濃い緑色をして
細めでみずみずしいものを選びましょう。

しならせるとぽきっと折れる
くらいのものが新鮮な証拠です。

豆の凸凹が目立つものは目立つものは、
固くなっているので注意が必要です。

保存法ですが、

乾燥を嫌うので
ビニール袋に入れるか
ラップで包んで冷蔵庫で保存します。

さやえんどうを安全に食べる方法

さやえんどうのベータカロテンは
カサついた皮膚を改善するなどに役立ち

油脂に溶ける成分です。

炒め物やてんぷらなど
油脂を含む食品と一緒にとりましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。