危険な農薬などを避け『セリ』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬などを避け『セリ』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け『セリ』
を安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

春の七草の一つでもある
セリですが、

その特有の香りには
健胃、発汗、解毒、解熱などの
作用があると言われています。

野生、露地物のセリは
ベータカロテン、ビタミンC、鉄分、
カルシウムなどが期待できますが、

軟白栽培したものは
ビタミンCが少なく香りも薄いです。

またセリはカリウム、食物繊維も豊富です。

<セリの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンA…160㎍
・ビタミンC…20mg
・カリウム…410mg
・鉄分…1.6mg

スポンサーリンク

セリの安全な選び方と保存法

葉が濃い緑色をしていて、
葉先までピンとしてみずみずしいセリが
新鮮なものです。

茎は細めのものが良いでしょう。

保存法としては、

水きりをして濡らした紙で包み、
ポリ袋に入れて野菜室で
立てて冷蔵します。

セリを安全に食べる方法

調理の際は、
セリは歯触りを残してサッと茹で
水につけてすぐザルに広げて
冷ましましょう。

肥大した白根や花も食べられます。

白根のきんぴらは美味しいので
おススメの調理法です。

また効果的な組み合わせとして、

ベータカロテンやビタミンCに対して
タンパク質やビタミンEが相性がいいです。

なのでゴマなど種実類や
ウナギのかば焼きと組み合わせます。

また主菜にビタミンEを含む
魚介類と合わせ、

セリの胡麻和えなどを
付けるのも良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。